ベック(Beck)


 


ベック・ハンセン(Beck Hansen、1970年7月8日 - )は、アメリカのミュージシャン。 同時代の音楽界において、最も創造的なオルタナティヴ・ミュージック・アーティストのひとりとして賞賛されてきた。ブルース、カントリー、フォーク、ジャズなどのルーツ・ミュージックを下敷きにファンクやヒップホップのリズムトラックを組み合わせ、さらにはパンク・ロックや電子音楽まで幅広いジャンルを横断した音楽性や、多重録音ならではの雑多な構成、アルバムごとの多彩なサンプリングや遊び心溢れるアレンジ技術についても評価が高い。 カリフォルニア州ロサンゼルス出身。1993年、12インチのビニルレコード盤『ルーザー』が、オルタナティヴミュージック専門のラジオ局で放送されて評判を呼び、様々なレコードレーベルとの争奪戦の末にゲフィン・レコード傘下のDGCレコードと契約。 1994年にそのDGCからメジャーデビュー・アルバム『メロウ・ゴールド』を発表。シングル「ルーザー」が大ヒットし、アルバムはロング・セールスを記録した。 ベックはその後もコンスタントにアルバムを発表し続ける。ダスト・ブラザーズのプロデュースの下、サンプリングを巧みに活用し、評価・セールス両面で大きな成功を収めベックをトップ・アーティストに押し上げた1996年の出世作『オディレイ』、その『オディレイ』路線の踏襲という周囲の期待を意図的かつ完全に看破した感のある1998年の『ミューテーションズ』、ファンキーなダンス要素を盛り込んで「セクシー&パーティー・アルバム」と高い評価を得つつも当初のチャート・アクションでは苦戦した1999年の『ミッドナイト・ヴァルチャーズ』を経て、プロデューサーにナイジェル・ゴッドリッチを迎えた2002年作の『シー・チェンジ』はローリング・ストーン誌年間アルバム・ランキングで1位に輝くなど高い評価を得た。 再びダスト・ブラザーズと組んだ2005年の『グエロ』は「E-PRO」などのキラーチューンを擁し、各国で軒並みスマッシュ・ヒットを記録した。翌2006年にはナイジェル・ゴッドリッチプロデュースの『ザ・インフォメーション』を早くもリリースしている。 グラミー賞にノミネートされた2007年の単発シングル「タイムボム」のデジタル配信リリースを経て、2008年にはデンジャー・マウスとの共同プロデュースで60年代風のガレージ〜サイケサウンドにアプローチした『モダン・ギルト』を発表。なお、この作品からヨーロッパではXLレコーディングス、日本ではホステス・エンタテインメントからのリリースとなった。 また、近年は映画への楽曲提供やプロデューサー業に精を出しており、2009年発表のシャルロット・ゲンズブールのアルバム「IRM」等を手掛けている。

パール・ジャム (Pearl Jam)
コメント:パール・ジャム (Pearl Jam)




パール・ジャム (Pearl Jam) とは、アメリカ ワシントン州 シアトル出身のロック・バンドである。グラミー賞受賞、アルバム 4枚がビルボード誌に初登場1位(2013年時点)、CDセールス最速記録がギネスに認定されるなど、社会的・商業的成功をおさめている。
1990年代前半、シアトルを中心として従来のMTVを中心とした商業主義ロックに反抗するオルタナティヴ・ロック・ムーブメントが若者を中心に大流行し、サウンドガーデンやニルヴァーナ等と共にグランジ・ロックと呼称されて世界的にも反響を及ぼした。その中でも、パール・ジャムは当時のジェネレーションXたちの苦悩の代弁者とまで評され、その世代の旗手として位置づけられていた。
ローリングストーン誌が行った90年代を代表する曲というテーマの読者投票では、「Black」が選ばれており、2005年にUsa Today誌が行った最も偉大なアメリカのロック・バンドというテーマの読者投票では、イーグルスなどの大御所を抑えてパール・ジャムが選ばれるなど、アメリカの一般聴衆からの評価は高い。

アーケイド・ファイア(Arcade Fire)


アーケイド・ファイア(Arcade Fire)は、カナダのケベック州モントリオールを拠点とするインディー・ロックバンド。
ウィン・バトラーとレジーヌ・シャサーニュの、後には夫婦ともなる二人によるソングライティング・ユニットを中心として結成、2003年に7曲入りEP『アーケイド・ファイア』でデビュー。オルタナティヴ・ロックを基礎に置いたサウンド、様々な楽器を駆使しての重層的でクラシカルなアレンジ、メランコリックで陰鬱な詞世界が特徴。その魅力の真髄はライブともされており、メンバーそれぞれ楽器を持ち替えながら、目まぐるしく有機的で熱狂的なステージ・パフォーマンスを展開する。



qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014(出演アーティスト)

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう!は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!PC/mobile/iphoneで見よう!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集