ゴング(Gong)
ゴング(Gong)

 フジロック2009(金曜日)  Orange Court


ゴング(Gong)は、1967年にオーストラリア生まれのデヴィッド・アレンを中心にフランスで結成されたプログレッシブ/サイケデリック・ロック・バンド。英米ではスペース・ロックというジャンルで括られることが多い。
アラン・ホールズワース、ティム・ブレイク、スティーヴ・ヒレッジ、ディディエール・マラーブなどが在籍したバンドとしても知られる。
メンバーの出入りが激しく、リーダーのアレン自身が1975年に脱退した。残されたメンバーはピエール・ムーランを中心にバンドを再編成し、ピエール・ムーランズ・ゴングと名乗り1990年代まで活動した。アレンは脱退後プラネット・ゴング、ニューヨーク・ゴングを結成。ジリ・スマイスはマザー・ゴングを結成。ほかにもゴング名を冠するバンドがいくつも存在し、ゴング・グローバル・ファミリーと総称されている。
ソフト・マシーンのメンバーとして活動していたアレンが、ツアー先のフランスからイギリスに再入国できず(麻薬所持のためといわれる)、フランスで新たに立ち上げたプロジェクトである。パートナーとなったジリ・スマイス[1]とは、ソフト・マシーンとして行ったポエトリー・パフォーマンスで出会った。
1968年、フランス五月革命において、アレンとスマイスは学生側に加担するパフォーマンスを行った。このことにより公安警察に追われる身となり、スペインのマヨルカ島デヤに潜伏。ここで以後のゴングの原形が形作られる。
1969年にフランスBYG・レーベルからファースト・アルバム『マジック・ブラザー』を発表。1971年、アレンのソロアルバム『バナナ・ムーン』発表をはさみ、2nd『カマンベール・エレクトリック』を発表。このアルバムからエンジニア兼エレクトロニクス奏者のヴヌー・ドゥ・ルクスが参加し、サウンド面での飛躍的な進歩をみせている。
1972年、グラストンベリー・フェスティバルに出演。その年のイギリスツアーの後、ヴァージン・レコードと契約する。
1973年から1974年にかけてラジオ・グノーム三部作『フライング・ティーポット』『エンジェルズ・エッグ』『ユー』を発表。ラジオ・グノームとは、ゴング惑星からフライング・ティーポットに乗ってやってきた宇宙人であり、テレパシーによって交信しあい、受信できる能力をもつ地球人に向けて海賊ラジオ放送を行っているという設定をもとにした連作である。
2009年、往年のメンバーが再集結し、シリーズ最新作『2032』を発表した

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL
 


qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014(出演アーティスト)

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう!は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!PC/mobile/iphoneで見よう!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集