システム7(System 7)
システム7(System 7)

 フジロック2009(金曜日)  Orange Court


システム7(System 7)はイギリスのテクノ、あるいはトランス、アンビエントなどの要素を内包するユニット(もしくはバンド)。アメリカでは同名のMac OSと名前が被るので使用できず、現地のレーベルから発売された1st、および3rdアルバムは777と名乗っている(2ndアルバムと非常に紛らわしい)。

履歴
スティーブ・ヒレッジとその妻であるミケット・ジラウディー(両名とも元ゴングのメンバー)によって結成されたバンドである。バンド結成のきっかけは、The Orbらアンビエントのミュージシャンが、ヒレッジが1979年にリリースした「Rainbow Dome Musick」をDJプレイで利用していたことを知ったことによる。ユニット名の由来は、1977年にリリースされたヒレッジのアルバム「Motivation Radio」の型番"V2777"からだといわれている。
システム7は様々なアーチストとのコラボレーションを実施している。特にデトロイト・テクノの代表的存在であるデリック・メイとはバンド結成初期から深い交流を持ち、1990年代以降は新曲を一切発表していないデリックに、共同とはいえ1990年代後半まで作曲活動を行わせたことは特筆すべきである。デリックとの作品は2002年に「Mysterious Traveller」として1枚のCDにまとめられた。他にもカール・クレイグやローラン・ガルニエなど、テクノのアイコン的存在のアーティストとは1990年代中期に多くのコラボレーションを行った。その中でアレックス・パターソン(The Orbメンバー)は、バンド結成初期からシステム7に関わり続ける唯一の人物である。また、かつてのゴングのリーダーであったデヴィッド・アレンも一部の作品に参加している。
リミックスも多数存在し、それらを集めた1996年のアルバム「System Express」がある。これに収録されているAlpha WaveのPlastikman名義でのリミックスは、リミックスでありながら本人達が大いに気に入り、オリジナルを差し置いてライブで必ず演奏される定番曲となった。2007年のシングル「Hinotori」には、元々約10分の曲であったものを20分に拡大したバージョンが収録されている。
 
音楽性の流動
その音楽性は時期によって大きく変化している。結成直後の作品は、多数のアーティストたちとのコラボレーション、という意味も含めて同時期のシェイメンに近かった。しかし1994年、テクノの躍動感を強調したFireと、静謐なアンビエントWaterの2枚にミックスを分けたアルバム「Point 3」を発表し、当時盛り上がりがピークを迎えていたテクノ・シーンへと急速に接近。1995年の「Power of Seven」では、ノイ!や、E2-E4のリミックスであるSueño Latinoeno Latinoをサンプリングし使用している。このアルバムは名門レーベルであるR&Sにもライセンスされた。1997年のアルバム「Golden Section」ではドラムンベースを試み、また、1976年のヒレッジのアルバム「L」からのサンプリングも行われた。
2000年に自らのレーベルであるA-Waveを立ち上げ、以後作品はこのレーベルから発表されるようになる。2001年に発表された「Seventh Wave」では激しく美しいトランス・テクノを基に、それまでの要素が散りばめられた集大成的なアルバムである。2004年の「Encantado」ではよりサイケデリック的な色を強め、2007年現在の路線もこの延長線上にある。
システム7にはそぐわないアンビエント、チル・アウト、ダウンテンポ的な音楽は2005年に始動したMirror System名義に分離した。他にもGroovy Intent名義での作品も存在する。
2007年には手塚治虫の漫画『火の鳥』に触発され、先行シングル「Hinotori」を、続いてアルバム『Phoenix』を発表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL
 


qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014(出演アーティスト)

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう!は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!PC/mobile/iphoneで見よう!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集