ブロック・パーティ (Bloc Party)




ケリー・オケレケ
 (Kele Okereke、1981年10月13日 - ) - ヴォーカル、ギター担当。両親はナイジェリア出身。作詞・作曲を担当。いとこは人種差別主義者に殺害されており、その経験を元にした曲も作られている。バイセクシュアルでも有名である。

ラッセル・リサック
 (Russell Lissack、1981年3月11日 - ) - ギター担当。特徴的なアシンメトリーカットの髪型をしており、Blocstyleと呼ばれている。アニメ好きでギターにはミッキーのシールが張られており、またポケモンもお気に入りのようでアンプの横にはピカチュウのぬいぐるみが置かれている。ベジタリアンでもある。

ゴードン・モークス
(Gordon Moakes、1976年6月22日 - ) - ベース、バックヴォーカル、シンセサイザー、鉄琴担当。(ドラムもこなす。) ブロック・パーティーに入るまでは雑誌編集者をしていた。歴史に関する知識は豊富で喋りだすと小一時間ほど止まらないほどである。

マット・トン
 (Matt Tong、1979年4月29日 - ) - ドラム担当。マレーシア系中国人の父と、英国人の母を持つ。

 フジロック2008(金曜日)  GREEN STAGE


ロンドンの学生アート・ロックシーン出身のロックバンド。ギター・ロックにパンク・テクノ・ダンスミュージックなどの要素を組み込み、性急で複雑なドラムラインに乗せた、知的で洗練された鋭角的なメロディーが特徴。しばしばポストパンク/ニュー・ウェイヴ・リバイバルの一翼と紹介される。

バンドの名前には特に意味はないが、アメリカの地方行事Block Partyの語呂合わせで、語尾のkを取ることでEastern Bloc(Soviet Bloc=冷戦時の東側の意)を思わせるということらしい。

1998年、ケリーとラッセルがロックフェスで偶然知り合い、意気投合する。2年後、ふたりがNMEに出したメンバー募集の告知にゴードンが応募し加入。その後、知人を介してマットも加わり、2002年に現在のメンバー編成としてバンドを結成。

2003年、当時大型新人として頭角を現していたフランツ・フェルディナンドにデモテープを送り、前座に抜擢され、音楽活動を本格化する。そのころからイギリスの音楽誌上において注目を集める存在となり、2004年にメジャーデビュー。

日本では同年7月にデビュー・ミニ・アルバムを発売。8月にはサマーソニック04で初来日を果たした。

2005年初頭、ファーストアルバム『サイレントアラーム』を発表。同年の各国音楽各誌において軒並み高評価を得るとともに、ヨーロッパの実に9カ国でチャートの10位以内にランク・インするなど、人気・セールスともに大成功を収めた。 このころは90年代のブリットポップ期の再来といわれる2000年代のバンドブームの一例の存在として、周囲からは認識されていた。

2007年、社会性を強く打ち出し、前作から大きく変貌をとげた意欲作のセカンドアルバム『ア・ウィークエンド・イン・ザ・シティ』を発表。この作品によって、近年活況のUKロックシーンにおいて泡沫バンドで無い事を印象付けた。以降、U2やレディオヘッドといった社会派バンドとしての評価をうけるようになる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL

 


qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014(出演アーティスト)

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう!は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!PC/mobile/iphoneで見よう!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集