トラヴィス (Travis)




フラン・ヒーリィ
(Fran Healy) -ボーカル、ギター

アンディ・ダンロップ
 (Andy Dunlop) -ギター、バンジョー

ダギー・ペイン
(Dougie Payne) -ベース、バックボーカル

 ニール・プリムローズ
(Neil Primrose) -ドラム

 フジロック2008(金曜日)  GREEN STAGE


トラヴィス (Travis) は、イギリスのロックバンド。スコットランド、グラスゴー出身。

ブリット・ポップ期の1997年、オアシスのフォロワー的な荒っぽく壮大なサウンドでデビューするも、セカンド・アルバム以降、内省的な歌詞にメランコリックな美メロ・バラードを特色としており、レディオヘッドとともに90年代後半からのUKシーンの新たな潮流を作った存在として多大な影響を与えている。

1998年に渋谷クラブクアトロなどで初来日公演を行い、2001年と2008年にフジロック・フェスティバルに、2003年と2007年はサマーソニックに出演している。

バンド結成
グラスゴーのアート・スクールの学生だったフラン(vo,G)は、当時学生のたまり場だったバーで働いていたニール(Dr)と出会い、彼のバンド” グラス・オニオン”からボーカリストとして誘われる。そのバンドには他に、同じアートスクールに在籍していたアンディー(G)と、マーティン兄弟(B,Key)がいた。フランを加えたバンドは、1994年ごろ、1984年のヴィム・ヴェンダース監督作、映画『パリ、テキサス』からインスピレーションを受け、バンド名を映画の主人公からとって「トラヴィス」と改名する。

1995年、ラジオで演奏した彼らのセッションがレコード会社の目に留まり、それがきっかけで翌年にソニーと契約するも同年に音楽性の違いからマーティン兄弟が脱退。急遽ベーシストとしてフランの友達で同じアートスクールの学生だったダギー(B)が加入。6月に4人組になったトラヴィスはロンドンへと移り、本格的なバンド活動を開始した。

デビュー〜『グッド・フィーリング』
折からのブリット・ポップブームの波に乗ってメジャー契約を果たすと、1997年、デビューシングル「アンダー16・ガールズ」をリリース。オアシスのノエル・ギャラガーがトラヴィスのファンであると告白したことで注目すべき新人バンドのひとつとして話題になる。 そして9月にそのオアシスの全英ツアーの前座に抜擢された。 この月にリリースされたデビュー・アルバム『グッド・フィーリング』は、オアシス路線ともいえるパワフルなロックを鳴らしてアルバム・チャート初登場9位を獲得。新人バンドとしては上出来な滑り出しをみせる。

『ザ・マン・フー』
翌年6月からメンバーはセカンド・アルバムの制作にとりかかった。このアルバムでは新たにナイジェル・ゴドリッチをプロデューサーに迎えている。

そして1999年5 月、セカンド・アルバム『ザ・マン・フー』を発表。このアルバムは、前作の荒々しいサウンドから一転して静かなバラードが全体を占め、その内省的なアプローチがシーンに衝撃を与えた。シングル・カットされた「ライティング・トゥ・リーチ・ユー」、「ホワイ・ダズ・イット・オールウェイズ・レイン・オン・ミー?」、「ターン」という3曲連続ヒットもあり、『ザ・マン・フー』はリリースから3ヵ月目にして全英アルバム・チャートの1位に輝き、その後もロングヒットを続けてセールスは全世界で400万枚を記録するに至った。成功の背景には、すでに終焉を迎えつつあったブリットポップへの反動もあったとされる。

『インヴィジブル・バンド』
2000年、世界の優れたソングライターに送られる賞、アイヴァ・ノヴェロ・アウォーズのソングライター・オブ・ジ・イヤーにフランが選ばれ、さらにブリット・アワードでベスト・バンド、ベスト・アルバム両賞を獲得。グラストンベリー・フェスティバルにはヘッドライナーとして出演するなど、名実ともにUKシーンのトップバンドの仲間入りを果たした。

2001年6月、サード・アルバム『インヴィジブル・バンド』をリリース。よりフォーク色を強め、アコースティック・メロディを全面に押し出したこのアルバムで、全英アルバム・チャートにて堂々の初登場1位を達成。セールスも英国内だけでミリオンを突破し全世界で300万枚を記録した。アルバムは「トップ・オブ・ザ・ポップス」の年間最優秀賞を受賞、さらにシングルの「シング」は、その年の上半期で最も多くラジオで流された曲となり、バンド最大のヒット曲になった。 同年7月にはフジロック・フェスティバル出演で2度目の来日。全英アリーナ・ツアーも大成功させるなど、バンドは絶頂期を迎える。

『12メモリーズ』〜『シングルス』
そんな状況も束の間の半年後、ニールがフランスにおいて頭部に重症を負う事故に遭ってしまう。ドラマーとしてこの怪我は深刻であり、ミュージシャン生命も危ぶまれる事態となった。デビュー以来不動のメンバーで苦楽を共にしてきたためドラマー交代などは考えられず、バンドは突然の活動休止を余儀なくされた。メディアではそのまま解散もありうるとの観測が流れ、バンドは絶頂から一転して解散の危機に見舞われてしまった。

しかし事故から1年、ニールは見事な回復をみせて復帰を果たし、同時にバンドも解散の危機を乗り越え再始動。中小規模のライブ活動を行いながらセルフ・プロデュースのアルバム制作を進めた。

サマー・ソニック出演で3度目の来日を済ませた後の2003年10月、4枚目のアルバム『12メモリーズ』を発表。先行シングルの「リ・オフェンダー」や「ビューティフル・オキュペイション」などでストリングスやピアノを大幅に導入したり、歌詞に社会色・政治色を強く打ち出すなど所々に新たな試みが見受けられるが、全編が暗く陰鬱なトーンで覆われた仕上がりだったためか全英チャートで3位に入ったもののセールス的には伸び悩んだ(さらにフランが体調を崩したことで来日公演も中止となるなど、バンドにとっては大きな試練の時期であった)。後にフランは「ダークでエッジーな社会性の濃い作品は、僕らには不得手だと痛感したよ。12メモリーズは好きだし否定するつもりもないけど、こういうのはレディオヘッドに任せるべきだったんだよね?」と冗談まじりに語っている。

翌2004年にこれまでの歩みを総括したベスト盤『シングルス』を発売し、キャリアに一区切りをつけた。

『ザ・ボーイ・ウィズ・ノー・ネーム』〜『オード・トゥ・ジェイ・スミス』
ベスト盤以降長らく沈黙していたバンドが、再びナイジェル・ゴドリッチをプロデューサーに迎えて製作した5th『ザ・ボーイ・ウィズ・ノー・ネーム』(全英4位)をリリースしたのは前作から4年後の2007年であった。アルバムは、ストイックだった前作から一転し美しく優しいメロディ、ピースフルで和やかなムードが全体に溢れた内容となった。

このアルバムリリースに伴って同年のサマーソニックにソニックステージのトリにて出演。翌2008年のフジロックで再来日、翌日には韓国に移動し、06年から仁川で毎年開催されているペンタポート・ロック・フェスティバルの2日目メインステージのヘッドライナーを務めた。バンドにとっては初めての韓国公演となった。

『ザ・ボーイ〜』リリースにともない久々の大規模ツアーを敢行したバンドは、その余勢を生かしライヴテイクを中心としたレコーディングを進めた。そして2008年9 月、前作からわずか1年弱という異例のスパンで6th『オード・トゥ・ジェイ・スミス』を発表。今作から、バンドは長らく在籍したインディペンディエンテ・レコードを離れ1996年にデビューEPを発表した自主レーベルからのリリースを開始することとなった。ツアー明けから間髪入れずの制作とあって、以前のトラヴィスにはなかったロック色が非常に濃い仕上がりとなった。商業的には先行シングルが全英トップ100入りを逃し、アルバムは全英20位と伸び悩んだ。
ちなみに、このリリースにともない、1998年以来実に10年ぶりとなる単独来日公演が2009年2月に実現する運びとなった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL




      


qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014(出演アーティスト)

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう!は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!PC/mobile/iphoneで見よう!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集