ジェイコブ・ディラン(Jakob Luke Dylan)


 フジロック2008(日曜日)  GREEN STAGE



ジェイコブ・ディラン(Jakob Luke Dylan、1969年12月9日-)は、ロックバンドザ・ウォールフラワーズのリードシンガーであり、作曲家である。ニューヨーク出身。

 私生活
ディランは、ボブ・ディランと前妻のサラ・ディランの4人の子供の末っ子として生まれた。彼は幼馴染のニコール・ペイジ・デニー(女優のペイジ・ディラン)[1]と結婚し、1992年にサラ・ディランの家で式を挙げた。ディランの家族はロサンゼルスに住み、4人の息子がいる[2]。ディランは家族については秘密にしているため、妻や子供の写真はほとんど出回っていない。

ザ・ウォールフラワーズ
ザ・ウォールフラワーズは、1989年にロサンゼルスのデリカテッセンであるCanter'sで活動を始めた。バンドはヴァージン・レコードと契約し、歌手名がそのままタイトルになったアルバムを製作した。そのカバーは、メンバー全員の足とドラマーのペドロ・ヤノウィッツの犬の写真であった。

デビュー作はほとんど売れず、ヴァージン・レコードを解雇されたが、再結成し、メンバーを入れ替えながら10,000 Maniacs、Toad The Wet Sprocket、Cracker、The Spin Doctors等のバンドと一緒にツアーを行った。マネージャーのアンドリュー・スレーターのおかげで、インタースコープ・レコードの運営するレーベルと契約することができた。

Tボーン・バーネットのプロデュースで1996年に製作されたアルバムBringing Down the Horseには"6th Avenue Heartache"や"One Headlight"等の曲が収録され、世界中で600万枚以上を売り上げた。これは、父のアルバム『血の轍』の20年間の売り上げの3倍に達する。バーネットは、Bringing Down the Horseの成功は、ディランの家族の名前とは関係がないと語っている[3]。ザ・ウォールフラワーズは2つのグラミー賞を獲得し、"One Headlight"はVH1の1997年度ビデオ・オブ・ジ・イヤーを受賞している。

2007年現在で、ザ・ウォールフラワーズは5枚のアルバムをリリースしている。

2007年秋、ザ・ウォールフラワーズは2年以上ぶりにライブを行い、10月には東海岸、11月には中西部を含む短いツアーを行った。2007年9月、バンドの公式ウェブサイトで、メンバーのラミ・ジャフィーが脱退することが発表された[4]。2008年2月にはカリフォルニア、4月には東海岸、夏にはいくつかのフェスティバルでライブを行ったが、3人編成かまたはマルチプレーヤーのベン・ピーラーが加わって行われた。

ソロ
ニューポート・フォークフェスティバル、2008年8月2日

2006年9月20日、ビルボードから、ディランがコロムビア・レコードと新しい契約を結んだことが発表された[5]。2005年にインタースコープ・レコードとの契約が終了したザ・ウォールフラワーズの状況については明らかになっていない。

ディランは2006年9月21日から放送されたドラマSix Degreesの主題歌"Here Comes Now"を作曲し、"Stardust Universe"は2006年10月25日から放送された『ジェリコ 閉ざされた街』の主題歌に使われた。

ザ・バンドの"Whispering Pines"のカバーが、トリビュートアルバムEndless Highway ― The music of The Bandに収録され、2007年1月にリリースされた。また、ジョージ・ハリスンの息子ダーニ・ハリスンとともにジョン・レノンの『真実が欲しい』をカバーし、レノンのトリビュートアルバム『インスタント・カーマ』に収録されて2007年6月12日にリリースされた[6]。2007年初めには、1997年11月14日の半導体メーカアプライド・マテリアルズでの演奏会以来、父親と一度だけ共演した[7][8]。ただこの時は、同じショーに出たものの、一緒に演奏することはなかった。

2007年9月初め、ニューヨーク・タイムズは、リック・ルービンのハリウッドヒルズの自宅で、ディランが自身初のソロアルバムの製作を行っていると報じた[9]。ルービンはアルバムのプロデューサーの1人でもあり、アルバムはSeeing Thingsというタイトルで2008年6月10日に発売された。ほとんどがアンプラグドの曲で10曲が収録されている。

2008年春、ディランがツアーバンドのThe Gold Mountain Rebelsとともに、ボナルー音楽祭、ロスベリー音楽祭、ミルウォーキーサマーフェスト、ニューポートフォークフェスティバル、オースティンシティー・リミッツフェスティバルなどでツアーを行うことが発表された。2008年6月には、『レイト・ナイト・ウィズ・デイヴィッド・レターマン』、2008年7月には『ザ・トゥナイト・ショー・ウィズ・ジェイ・レノ』、2008年8月には『ザ・レイト・レイト・ショー・ウィズ・クレイグ・ファーガソン』、2008年9月には『レイト・ナイト・ウィズ・コナン・オブライエン』に出演して演奏した。コナンの番組では、ノラ・ジョーンズとともに"War Is Kind"を演奏した。8月中旬には、The Gold Mountain Rebelsとともにヨーロッパで10日間のツアーを行った。10月にはドイツとイギリスで10日間のツアーを行った[10]。10月21日にはイギリスBBC Twoの『レイター・ウィズ・ジュールズ・ホーランド』に出演し、"Evil Is Alive And Well"と"Something Good This Way Comes"を歌った。これがディランにとって、テレビでのソロの歌唱の初披露だった。10月25日の週には、The Gold Mountain Rebelsとともに『オースティン・シティー・リミッツ』に出演し、"No Matter What"を歌った

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL



qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014(出演アーティスト)

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう!は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!PC/mobile/iphoneで見よう!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集