ザ・フューチャーヘッズ (The Futureheads)
ザ・フューチャーヘッズ (The Futureheads)

バリー・ハイド
 (Barry Hyde) - リード・ボーカル/ギター

ロス・ミラード
 (Ross Millard) - ボーカル/ギター

ジェフ
 (David "Jaff" Craig) - ボーカル/ベース

デヴィッド・ハイド
(Dave Hyde) - ドラムス

バリーとデイブは兄弟である。
 フジロック2008(日曜日)  WHITE STAGE


ザ・フューチャーヘッズ (The Futureheads) は、イギリス・サンダーランド出身の4人組ロック・バンド。

バンド名はフレーミング・リップスのアルバム・タイトル『Hit to Death in the Future Head』に由来。

 経歴
2000年にバンド結成。2002年、自費製作のデモが出回り、その音源がギャング・オブ・フォーのアンディ・ギルの耳に留まる。その後、ギルのプロデュースのもとシングル「ファースト・デイ」をリリース。679レコーディングスと契約を交わしたバンドは、新たにブロック・パーティーの1stを手掛けたポール・エプワースをプロデューサーに迎えたデビューアルバム、『ザ・フューチャーヘッズ』を2004年7月にリリース(日本では翌年にリリース)し、そのヒットによってその人気を確固たるものにした。

今では同期のフランツ・フェルディナンドやブロック・パーティーなどと肩を並べる新鋭UKバンドの一角として見られている。

音楽性
一言でいえば、ポストパンク+パワー・ポップ。変則的なギターリフと鋭いカッティング、そしてトリプル・ボーカルによる巧みなコーラスワークが紡ぎだすダンサブルな楽曲を特徴とする。

1980年代のニュー・ウェイヴ/ポスト・パンクバンド、特にディーヴォやXTCの強い影響下にあり、さらにはウィーザーにも通じるコミカルでダイナミックなアレンジ、加えてオアシスのノエル・ギャラガーをして「俺が見知ったバンドの中でも、最も‘変テコ’なバンドだぜ!」と言わしめる個性的なキャラクターは、尊敬(?)の色を込めて「オタク系」などと形容される。
そのスタンスと音楽的姿勢は同業者からも好評で、ブラーのグレアム・コクソンやブロック・パーティーなどはフェイバリットのひとつとしてフューチャーヘッズの名を挙げている。

しばしば2004年にブレイクしたフランツらと共にポストパンク/ニュー・ウェイヴ・リバイバルの牽引バンドと評される。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL

 


qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014(出演アーティスト)

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう!は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!PC/mobile/iphoneで見よう!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集