BRAHMAN(ブラフマン)
brahman


↑トシロウが神になった。




TOSHI-LOW (ボーカル)
本名:宮田俊郎
茨城県水戸市出身。1974年11月9日生まれ。B型。

KOHKI (ギター)
本名:堀幸起
 和歌山県出身。1975年7月13日生まれ。O型。

MAKOTO (ベース)
 本名:小澤誠
長野県松本市出身。1974年4月10日生まれ。O型。

RONZI (ドラムス)
本名:小林諭司
長野県松本市出身。1974年7月4日生まれ。A型。
mark muffin のドラマーとしても活動中


フジロックニュース
 フジロック2009(日曜日)  GREEN STAGE
BRAHMAN(ブラフマン)は、日本のロックバンドである。トイズファクトリー所属。

都内を中心に活動を行い、これまでに2枚のミニアルバム、3枚のシングル、5枚のアルバムを発表、国内外を問わず精力的にライブ活動を行っている。音楽性に関しては、ロック、パンク、ハードコアといったジャンル分けが困難であると評されることが多く、仏教や哲学などの世界観を取り入れた歌詞、ハードコアや民族音楽を基盤とした独自の音楽性を確立している。

TOSHI-LOWとDAISUKEが当時所属していたバンド「killed by myself」と、RONZIとMAKOTOが属していたバンドがそれぞれ同時期に解散した後、音楽の方向性について意気投合したメンバーにより1995 年に東京で結成された。結成時のメンバーにMAKOTOは含まれておらず、TOSHI-LOWと同じ大学に在籍していた別のベース担当が属していた。なお、バンド名のBRAHMANはこのベース担当により名付けられた。東洋的なコンセプトのもと挙がったバンド名候補の一つに「ARTMAN」もあったが、京王アートマン(巨大雑貨店)の存在もあり「BRAHMAN」となった[要出典]。ベース脱退後、RONZIと同郷であるMAKOTOが加入した。

1996年、ミニアルバム「Grope Our Way」でCDデビュー。その後ギター担当のDAISUKEが脱退。

1997年、ミニアルバム「Wait And Wait」発売。レコ発が完売となった。この時、TOSHI-LOWがギター&ボーカルをつとめていた。TOSHI-LOWがギターを持ち歌う姿は DVD/VIDEO「CRAVING」の一部楽曲において確認することができる。この後、ギターのKOHKIが加入し、現メンバーの4人となった。

1998年、アルバム「A MAN OF THE WORLD」発売。累積売上60万枚以上。収録曲の1/3ほどは初期からの曲。(発売から半年近くもの間オリコンインディーズチャートで1位)

1999年、TOY'S FACTORYと契約を交わし、シングル「deep/arrival time」にてメジャーデビュー。オリコン初登場6位、累積売上20万枚以上。自分たちの手で売るのがきつくなり、いいものを作ることだけに集中したかったことがメジャー移行の理由の一つ[要出典]。レコード発売に伴う大規模なツアーに加え、TIBETAN FREEDOM CONCERT、FUJI ROCK FESTIVAL '99に出演。

2000年、AiR JAM 2000に出演。ライブVIDEO「CRAVING」をリリース(のちにDVDでもリリース)。

2001年、2ndアルバム「A FORLORN HOPE」発売。オリコン初登場2位。累積売上50万枚以上。FUJI ROCK FESTIVAL '01に出演。アルバム発売に伴い、50公演以上に及ぶ大規模なツアーを行った。

2002年、前年に引き続き国内ツアーを継続。海外においてもイタリアおよび台湾においてツアーを行った。また、FUJI ROCK FESTIVAL '02に出演。

2003年4月、TOSHI-LOWが女優りょうと結婚。「-Hands and Feet-」と題された国内ツアーを敢行(同名のツアーは2006年、2007年にも行われる)。中国北京で開催された「MIDI 2003 Modern Music Festival」において、ライブ中に観衆から罵声を浴び、石や生卵、ペットボトルなどが投げ込まれメンバー全員が軽い擦り傷を負った事実が一部メディアにより報道された。これらの観衆の行為は、BRAHMANのパフォーマンスに対するものではなく、広東省での日本人による「集団買春」事件が明るみに出た直後の、反日機運の高まりによるものであったとされる[要出典]。このときのライブ映像は一部、後述のライブDVD「THEORIA」に収録されており、観衆の投げた生卵がTOSHI-LOWに直撃する様子などが確認できる。

2004年、3rdアルバム「THE MIDDLE WAY」発売。オリコン初登場3位。リリースに伴い国内50公演以上のツアー「THE MIDDLE THOUGHT TOUR」を行った。

2005年、2ndシングル「CAUSATION」発売。オリコン初登場10位。6月頃、バイオリニスト・ギタリストとして活動していた MARTIN(ボーカル・ギター・バイオリン)とTOSHI-LOWがあるライブで出会った。「何か新しいことをしたい」とMARTINがTOSHI- LOWにもちかけ、BRAHMANのメンバー4人にさらにMARINの友人でスタジオミュージシャンのKAKUEI(パーカッション)を加えて6人編成のOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDを結成。オムニバスアルバム「The Basement Tacks-10YEARS SOUNDTRACK OF 7STARS」「ROCK THE ULTRAMAN」に参加した後、2006年にアルバム「OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND」を発表した。

2006年、ライブDVD「THEORIA」発売。DVD RANKING 初登場4位。

2007年、4月4日3rdシングル「Handan's pillow/逆光」を発売。シングルはDVDとの2枚組であり、「LIVE DVD-Tour energeia final@ZEPP TOKYO」が同梱されている。

2008年、2月6日4thアルバム「ANTINOMY」を発売。オリコン初登場4位。初回限定版として「By-End(1.ART MAN 2.RESULT OF NEXT)※再録」が特典としてつけられた。アルバム自体は、「THE MIDDLE WAY」発売後のシングルとして発売された「CAUSATION 「FIB'S IN THE HAND」「Handan's pillow」「逆光」も収録されているが、全て再録であり、「Handan's pillow」 「FIB'S IN THE HAND」はシングルとは全く別物となっている。初の試みとしてアイヌ語詞による楽曲「Kamuy-Pirma」を収録。アルバムリリースに伴い国内40公演以上のツアー「AUTONOMY」を行った。

2008年、11月12日3rd DVD「THE THIRD ANTINOMY」を発売。オリコン初登場1位。TOUR AUTONOMY FINAL公演、at JCB HALLの模様を完全ノンカットで収録されている。また、Disc1には半年にも及んだTOUR AUTONOMYに完全密着し、これまで明かされることのなかった、等身大のBRAHMANが映された、ドキュメンタリーDVDとなっている。

2009年、6月10日インディーズ時代のリリース作品(「Grop Our Way」「WAIT AND WAIT」「A MAN OF THE WORLD」)の楽曲を再レコーディングしたアルバム「ETERNAL RECCURENCE」をリリース。
「ETERNAL RECCURENCE」の初回盤に収録されているBONUS TRACKの収録時間が11:38であり、「A MAN OF THE WORLD」リリース元のレーベル1138の事を表していると思われる。どのような意味を持っているかは不明。
ザ・クロマニヨンズ、浅井健一とそれぞれツーマンライブを行う。

提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

JUGEMテーマ:音楽



提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014(出演アーティスト)

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう!は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!PC/mobile/iphoneで見よう!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集