YEASAYER(イェーセイヤー)
YEASAYER

目が眩むような美しきサイケデリック・スペクタクル。新世代ブルックリン・シーンの旗手が描く、至高のトライバル・アート・ポップ誕生!!!2007年にリリースしたデビュー作『All Hour Cymbals』が、アート性、実験的要素の強さにも関わらず、海外メディアからこぞって大絶賛されたイェーセイヤー。MGMTとのツアーやBeckのサポート・ライブ、GLASTONBURY FESTIVAL(2008)、Bonnaroo Music Festival(2009)を始めとした世界各国のビッグ・フェスティバルへの出演などなど、大舞台でのパフォーマンスを経て、2010年の大ブレイクを確信させる2nd Album『Odd Blood(オッド・ブラッド)』を今年2月にリリース。<MUTE>からの世界メジャー・デビューとなる『Odd Blood』は、シングル・ヒットを飛ばし、各方面で話題となった1st Single「Ambling Alp」、2nd Single「O.N.E」を筆頭に今年のアンセム化必至のキラー・チューン満載、躍動感みなぎるダンサブルなリズムと多国籍感溢れる純天然グルーヴが変幻自在に展開し、キラキラ輝くカラフルで中毒性の高いメロディが全編にわたって鳴り響く、極めて2010年的な作品だ。メンバー全員がマルチ・インストゥルメンタリスト、ヴォーカリスト、ソングライターとして機能するイェーセイヤーは彼ら独特のユニークなポップ感覚、スケールの大きいコスモポリタン的感覚、非常にニューヨーク的なねじれたサイケデリック感覚、そして精力的なツアー活動の中で同世代バンドと関わり合うことによって獲得したエレクトロニック・ポップのヴァイブによって、本作の実験を成功へと導いた。まさに覚醒を果たした問答無用の大傑作『Odd Blood』を手に、Coachella、Lollapalooza、FUJI ROCK FESTIVALを始め、世界のビッグ・フェスティバルでのパフォーマンスを更に積み重ね、イェーセイヤーは今最もエキサイティングでエキセントリックなポップ・バンドとして、大きく飛躍していくことは間違いない。

JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL







qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014(出演アーティスト)

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう!は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!PC/mobile/iphoneで見よう!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集