Y.Sunahara (砂原 良徳/すなはら よしのり)
 


砂原 良徳(すなはら よしのり、1969年9 月13日 - )は、北海道札幌市豊平区出身の日本のミュージシャン。テクノバンド電気グルーヴの元メンバー(1991年〜1999年在籍)。電気グルーヴ加入当時は良徳 砂原(よしとく すなはら)と名乗っていた。愛称はまりん、砂ボン。中学時代の部活はレタリング部。

略 歴
YMOやクラフトワークなどの、テクノポップ・ニューウェーブに影響を受け、中学生でシンセサイザーを始める。MODERN TIMES ORCHESTRA、ダッチ楽団、AUTISMなどのアマチュアバンドで活動を開始する。大学受験で単身上京したときに、電気グルーヴの前身「人生」のライブを目撃する。北海高等学校卒業後に札幌のナムコに就職したが後に上京、AUTISMにRe-Reというバンドで活動していた末岡二郎と松沢重信を加え、O-TISMを結成。また後のTRANSONIC RECORDSの前身となるTRIGGER LABELを永田一直らと設立し、電気グルーヴに加入するまでブレーンを務めた。この頃、O-TISMとして電気グルーヴと対バン。上京後はCSK総合研究所の関連会社であったハイパーメディアでサラリーマンを続けつつ、メガドライブ版のギャラクシーフォース[CSK発売]の音楽を担当)も平沢進、加藤賢崇などのサポートメンバーを経て、1991年春、かねてから交流のあった石野卓球に渡したデモテープがきっかけとなり、CMJK脱退後の電気グルーヴのメンバーとして同年夏に加入。ほどなくしてハイパーメディアを退社し音楽に専念する。その後8年間の活動を経たのち、フランスで開催された音楽ビジネスの国際見本市“MIDEM”でのライヴを最後に1999年4 月2日付で正式に脱退。 別名義でのリリースやリミックス作品提供など単発的かつ課外活動的なソロワークは多数あったものの、本格的な本人名義のソロ活動の開始は1995年から。それまではアナログシンセサイザーを多数駆使し、クラフトワークのアルバム『The Mix』の影響が色濃い「往年のテクノポップの要素を取り入れたダンスミュージック以降のテクノ」とも評される作風が特徴だったが、ソロデビュー作『CROSSOVER』ではアナログシンセを敢えて一切封印。サンプリング主体によるモンド・ラウンジ路線の作品を発表し大きな話題を集めた。その傾向は電気グルーヴ本体の活動にも影響を与えている。だが、バンド脱退後に発表したアルバム『LOVEBEAT』ではよりシンプルなエレクトロニック・サウンドに進化した。日本国内のみならずドイツのBungalowレーベルからは全アルバムがリリースされている。その一方、SUPERCARやACOなど他アーティストのプロデュース、DJなどでも活躍中。

現在はプライベートスタジオ「YS STUDIO」(YSST)を設け、活動の拠点としている。

電気グルーヴのメンバーとして作品への参加は、最大のヒット曲『Shangri-La』を含む『A(エース)』までとなるが、2001年に発売された電気のアルバム『The Last Supper』や、2005年に発売された電気グルーヴ×スチャダラパーのアルバム『電気グルーヴとかスチャダラパー』では砂原もサポートとして参加しており、脱退したとはいえ電気との交流も最近盛んである。実質的には、『J-POP』までは、ライヴツアーを音源化した『イルボン2000』以外のアルバムには何らかのかたちで関わっているという事になる。それ以降も、先述の J-POP発売時のライブや、その年のライジング・サン・ロックフェスティバルでもシークレットゲストとして参加しており、電気グルーヴの「ママケーキ」を熱唱している。ピエール瀧のバンド「ピエール瀧とベートーベン」にもシンセサイザー・ベートーベンの名で参加しており、この活動中に砂原が発した「それはバッハ!」は、1991年クラブチッタ川崎の楽屋で喧嘩の仲裁に入ったときに発した「ケラさん、逃げて!」と並んで名言として語り継がれている。

上記の通り、電気グルーヴに加入した当初の名義は「良徳砂原(よしとく すなはら)」表記を使用していたが、1994年の電気のアルバム『DRAGON』以降は「砂原良徳」表記になっている。これに関しては特に改名の意向が示されたわけでもなく、レコード会社との契約上は当初より「砂原良徳」であった。1995年のソロデビューの際、既に定着しているまりん名義でのリリースも多少考えられたというが、それもどうかということで、結局はストレートに本名に落ち着いたという。こうしてリリースされた『CROSSOVER』がテクノ以外の多方面でも広く話題を集めた結果か、単に人気バンドメンバーのソロ作という枠を超え、本名での知名度も広まっていく事となった。

当初「良徳砂原」とした理由に関しては人形の吉徳大光からきているなど複数の説がある。当初はYOUやROLLYなどから一見して読み方が分らないといった指摘があった。「良徳」の名は母親の良子の「良」と母の友人から「徳」の字をとってつけられたという。

愛称の「まりん」は電気加入当初にあみだくじで決められた。由来は楳図かずおの漫画『わたしは真悟』に登場するキャラクターから。石野と瀧が提案した有力候補としては「砂原百貨店」などが上がっていたが、本人が頑なに拒否したという。一時期は「まりんジェット吉」、「地獄サンダー」、「極道ステーキ」、「砂原警察」、「女陰」などと短期間に数度の改名を石野と瀧に強要されたが、最終的には(石野と瀧が飽きたため)元に戻っている。また、加入当初は電気の「宝島」での連載『脳が溶ける奇病』の写真マンガでは石野と瀧が沖縄で出会ったロボットという設定が付け加えられていた。電気の単行本『俺のカラダの筋肉はどれをとっても機械だぜ』の内容の一部にもその名残がみられる。

電子楽器のみに留まらず、筋金入りのメカ好きでゲームマニアとしても有名。かつてはアーケードゲーム用の基板なども収集していた。ハマったら徹底的に追求しないと気が済まず、その結果健康管理を怠ってしまうことも。

ソロや電気グルーヴ以外にも多数のユニットに参加しており、佐藤大との"ステレオタイプ"、元オーティズム(AUTISM/O-TISM)の田中純との"FROM TIME TO TIME"、常盤響との"MIDNIGHT BOWLERS"、"yoshinori sunahara & mars art lab"、石野卓球との"MANGAHEAD"、EL-MALO(柚木隆一郎、會田茂一)との"EL-MARIN"などがある。一方、個人の別名義での活動は"東京クラフトワーク"、"2600MEN DRUMMERS"などがある。

リミキサーとしてはYMO、テイ・トウワ、リップスライム、Fantastic Plastic Machine、福富幸宏、高橋幸宏、ピチカートファイヴ、コーネリアス、小林亜星、テレックス、森若香織、李博士、矢野顕子、Coldcut、DE DE MOUSE、フルカワミキなど多数の作品を手掛ける。

ビデオゲームのコンポーザーとしては、サラリーマン(ハイパーメディア在籍)時代に、メガドライブ版ギャラクシーフォース(ゲーム音楽を編曲)・FM-TOWNS版ギャラクシーフォース(効果音)を担当している。また、実際に日の目は見なかったが、電気グルーヴ在籍中にもゲームフリーク(田尻智)製作のスーパーファミコン用ソフト『ジェリーボーイ2』の音楽も手がけていた。

FM-TOWNS版ギャラクシーフォースではMAP、アルゴリズムデザインも担当した。

表立った共演などは特に無いが、小山田圭吾とは1990年代後半より親交が深く、一緒にパジャマパーティを催すほどの仲であるという。



逸話
余談だが砂原のYMO、クラフトワークに関する造詣は並々ならぬものがあり、エピソードとしては、

YMOに関して
1993 年3月フジテレビ系で深夜に放送されたクイズ番組『カルトQ』のYMOの回に解答者として、演出上「一般視聴者に混じり予選から」参加したという触れ込みで、オンエアのある本戦から出場。予選を勝ち抜いた真顔の一般参加者を尻目に見事に優勝。「YMOカルトキング」に輝く。
地元(北海道)にいた頃は坂本龍一が札幌にライブやロケなどで来たら必ず追っかけをしていた。
素人時代に高橋幸宏主宰のボウリング大会にちゃっかり参加する。
中学時代よりYMOのコピーバンドを結成。「MTO(モダン・タイムズ・オーケストラ)」という名前だった。その後も加藤賢崇らと ディーヴォのコピーバンド「ティーポ」なども結成していた。
ラジオでゲスト出演した細野晴臣の吸っているタバコの銘柄(チェリー)も知っていて、細野からも「(本人よりも自分たちのことを知っていて)気持ち悪いなぁ〜」と言われる。
中学・高校と、髪型はもちろんテクノカット。ナムコの社員証に使われた写真もテクノカットだった。
1991年にリリースされたライヴ盤『フェイカー・ホリック』には資料提供者としてライナーノーツに名前が載っている。電気グルーヴとして「コズミック・サーフィン」をカヴァーするきっかけになったのもこのライヴ盤のリリースであり、カヴァーするにあたり曲目を選ぶ際は、石野、砂原ともに同時に「コズミック・サーフィン」の名が挙がったという。こうしてリリースされたシングル『MUD EBIS/COSMIC SURFIN'』のプログラミングが砂原のメジャー初仕事となった。直後に発売されたアルバム『UFO』に関しては石野と瀧の2人体制でほぼ既に作業は終了していた為、ボーナストラックとして収録された「ビーチだよ!電気GROOVE」のみを担当している。


クラフトワークに関して
ヨーロッパに向った際、クラフトワークのスタジオ(Kling Klang Studio)前に出待ちし、メンバーが中から出てくるのを見計らって、自分の東京クラフトワーク名義の作品が収録されたCDを手渡した事がある。
東京クラフトワークの「THE TELEPHONE CALL」は本家クラフトワークの80年代の楽曲を、90年代にリリースされたセルフカヴァー盤「THE MIX」のフォーマットに忠実にアップデートしたもので、砂原のクラフトワーク愛ここに極まれりといった内容である(この曲が収録されたコンピレーションアルバム「Dance2Noise005」には、石野卓球のNINJAHEAD名義の作品も同時収録されている)。
などが有名である。

もともと幼い頃から「未来」や「ロボット」のようなテクノポップやニューウェーブ、レトロフューチャー的な世界観のモノに惹かれる傾向にあり、いわゆるステレオタイプな「ロック的なもの」に対してはある種の苦手意識を持つと語る。だが、それでいて意外にも蝶野正洋の大ファンを公言している。

電気グルーヴ加入直前の1991年、サポートで参加した平沢進の「ヴァーチュアル・ラビットツアー」の東京公演において元P-MODELの田中靖美が楽屋訪問し、『失神するかと思った』レベルで感激。(平沢進ファンクラブ会報より抜粋)

また、雑誌の企画では冨田勲と対談し、緊張気味ながらもミーハーぶりを発揮、冨田もその姿勢に感激し、自宅に招待した。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL




qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014(出演アーティスト)

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう!は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!PC/mobile/iphoneで見よう!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集