パブリック・エナミー(Public Enemy)
パブリック・エナミー



パブリック・エナミー(Public Enemy、 PEとしても知られる)はニューヨークのロングアイランド出身のヒップホップ・グループである。政府やマスメディアなど既成の権威からの自立を訴える歌詞や、アメリカの(とくにアフリカ系アメリカ人社会に関わる)社会・政治問題に対する積極的な活動で知られている。
 フジロック2009(土曜日)  WHITE STAGE


1982年 、チャックDのフリースタイルがリック・ルービンに見いだされ、そのときまだ形成期にあったデフ・ジャム所属のグループとしてPEは結成された。

結成から5年後の1987年、デビューアルバム、『YO! BUM ラッシュ・ザ・ショウ』を発表し、好評を博した。さらに1988年、ヒットシングル"Don't Believe the Hype"を含む2ndアルバム、『パブリック・エナミーII - It Takes a Nation of Millions to Hold Us Back』を発表し、前作より好調なランキングを得た。

彼らはさらに、1990年に3rdアルバム、『ブラック・プラネット - Fear of a Black Planet』をリリース。このアルバムは、2008年現在、彼らのアルバムの中で最も売れたアルバムであり、アメリカ国会図書館の重要保存録音物として永久保存されている。収録されているシングル曲には、救急活動が黒人地区においては白人地区よりも遅く到着することを批判した"911 is a Joke"や、PE自身のことを歌ったと考えられている"Fight the Power"がある。この曲はヒップホップ史上最も人気と影響力のある曲の一つであり、スパイク・リーが監督した映画、『ドゥ・ ザ・ライト・シング』のテーマ曲でもあった。

パブリック・エナミーは様々な面において先駆者だったといえる。例えばターミネーターXは、"Rebel Without A Pause"で聴くことができるように、スクラッチをより洗練されたテクニックに昇華させたし、プロデューサーユニットのThe Bomb Squadは斬新なサンプリングやビートを提示した。批評家のスティーブン・トーマスは「(PEは)プロデューサーチームのthe Bomb Squadを通じてフリー・ジャズやハードファンク、さらにはミュジーク・コンクレートの要素さえも取り込んで、前例のないようなぎっしりとした凶暴なサウンドを作り上げた」と評した。また、ラップの面においても、PEは政治的・社会的あるいは文化的な意識を、巧みで詩的なライムにのせることによってラップの世界を変革した。

PEは世界ツアーを敢行した最初のラップグループでもあり、その結果、ヨーロッパやアジアのヒップホップ・コミュニティーの中で大きな人気と影響力を持つようになった。また、アルバムをMP3フォーマットで(この形式がほとんど知られていなかった頃に)リリースした最初のミュージシャンであり、インターネット経由の音楽配信の可能性を切り開いた。

1991年、パブリック・エナミーはニューヨークのスラッシュメタルバンド、アンスラックスとの競演によって、ハードロックとヒップホップの融合を成功させた。シングル曲"Bring the Noise"は、戦闘的な「ブラックパワー」的歌詞と破砕的なギター、そして時折顔をのぞかせるユーモアが特徴的だ。お互いのリスペクトやチャックDとアンスラックスのリーダーであるスコット・イアンとの間の個人的な友情によって結びつけられたこのコラボレーションによって、ロックファンは当時なじみのなかったヒップホップを知ることになる。また、外見上は全く異なる二つのグループは共同ツアーさえも行った。フレイヴァー・フレイヴがステージで言い放った「奴らはこのツアーが実現することはないだろうと言ったんだ」(アンスラックス のLive: The Island Yearsで聞くことができる)はロック界でもヒップホップ界でも伝説的なものになった。この、当時では考えられなかったコラボレーションがなかったら、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンやリンキン・パークのようなバンドは存在しなかっただろうし、ラップロックやニューメタルのようなジャンルは発達し得なかっただろうと考えられている。

パブリック・エナミーが結成される前、チャックDは当時働いていたラジオ局WBAUの宣伝と、彼にバトルを挑んできたラッパーを受け流すためのテープを作った。彼は地元のシーンの人々に虐げられているように感じていたので、そのテープをパブリック・エナミー #1と名づけた。これが、チャックDの曲の中において「パブリック・エナミー」についての最初で言及である。このシングルは、PE結成前にもかかわらず、ファレイヴァー・フレイヴの協力を得て制作されている。

PEは戦闘的なブラックパワー運動のS1W(Security of the First World)と連携していることでも有名である。また、メンバーのプロフェッサー・グリフは反ユダヤ的と受け取られる発言をしており、それらの発言がもとでグループから追放された(彼自身は、ユダヤ人すべてではなく単にシオニズムを批判しただけだと主張している)。PE自体もFBIによる議会へのレポート「ラップミュージックとその国家安全保障への影響」に挙げられることになった。こういった出来事やシングル曲Swindler's Lustの内容が原因で、PEは反中傷連盟(Anti-Defamation League)から批判されることになる。しかし、PEやファンの大部分はホロコーストを矮小化する意図はなく、奴隷制度がホロコーストに比肩するものであることを主張しただけだと弁護している。

さらに、あまり批判の的にはなっていないが、リーダーのチャックDはファイル共有の積極的な支持者であり、それによって音楽は生き続け、最終的にはより多くのアーティストを助けることになるだろうと主張している。

提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

JUGEMテーマ:音楽



qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014(出演アーティスト)

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう!は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!PC/mobile/iphoneで見よう!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集