マヌ・チャオ(José-Manuel Thomas Arthur "Manu" Chao )
マヌ・チャオ(José-Manuel Thomas Arthur Manu Chao )
マヌ・チャオ(Jose'-Manuel Thomas Arthur "Manu" Chao )はパリ生まれのスペイン系フランス人の歌手。出身国はスペインだが、チャオはバスク人とガリシア人の血を引いている。政治活動家としての側面も持つ。

スペイン語にフランス語、英語を主とした歌を歌っており、時折多言語で歌うこともある。

初期はホット・パンツのメンバーとして活動、いくつかの音楽のスタイルやフランス語以外のスペイン語や英語など数種の言語を用いており、このスタイルは現在も用いている。1987年にはマノ・ネグラを結成、1990年代半ばに分裂してからはソロ活動をしている。


幼少時代
マヌ・チャオの母はスペインの自治州バスク国ビスカヤ県出身で、父親のラモンはビスカヤ県出身の作家でジャーナリストである。マヌの祖父の死後、彼等はフランシスコ・フランコの独裁政治から逃れる為、フランスのパリへと移住した。 やがて、マヌが生まれるとパリから離れた郊外へと移り、マヌは幼少時代をブローニュ=ビヤンクールとセーヴルで過ごした。様々なアーティストや父親の知り合いから知的な感性を養った。

初期〜マノ・ネグラ
ライヴでパフォーマンスするチャオ。

チャオはUKロック・シーンに強く影響を受けており、とりわけザ・クラッシュやドクター・フィールグッドが挙げられている。1980年代半ばにチャオは他のミュージシャンとスパニッシュ/イングリッシュのロカビリーグループ、ホット・パンツを結成。1984年にデモ曲、"Mala Vida"を発表。地元では大いに評価され、注目されることになった。

1987年にチャオの兄弟と従兄弟とでマノ・ネグラを結成、小さなレーベルよりスタートする。ホット・パンツのシングル"Mala Vida"をリワークしてリリースすると、フランスでヒットする。間も無く、ヴァージン・レコードに移り、ファースト・アルバムPatchankaをリリースした。英語圏の市場では受けなかったが、オランダやイタリア、ドイツ等、一部の非英語圏では人気があった。

ソロ期(ラディオ・ベンバ)
ブルックリン、プロスペクト公園(2007年6月)。

マドリッドを離れた後、マヌはラディオ・ベンバ・サウンド・システムをマノ・ネグラ出身の他のバンドメンバーと結成。メキシコのティファナ・ノー!やブラジルのスカンク、アルゼンチンのトドス・トゥス・ムエルトスといった、様々な国々のミュージシャンをフィーチャーしている。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL




qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014(出演アーティスト)

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう!は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!PC/mobile/iphoneで見よう!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集