ビーディ・アイ (Beady Eye)

 

概要

2009年、オアシスのリーダーであったノエル・ギャラガー(ギタリスト・ボーカリスト・ソングライター)がオアシスを脱退。同バンドは実質的に解散状態となる。その後、オアシスのリードボーカルであったリアム・ギャラガーが、オアシスの活動を終焉させ、残されたメンバーとともに新たに結成したバンドがビーディ・アイである。オアシス時代からのギタリストであるゲム・アーチャー、ベーシストのアンディ・ベル(ビーディー・アイではギタリストへ転向)、ドラマーのクリス・シャーロックからなる
また、ライブメンバーにジェフ・ウートンがベーシストとして,マット・ジョーンズがキーボーディストとして加わっている。


来歴

2009年11月の早期には新作の制作とレコーディングを開始し[5]、2010年11月に彼らのデビューシングルをリリースすることを発表した[2][6]。
2010年7月、サンデー・タイムズ上のインタビューで、リアムは「オアシスよりビッグになる」と述べ、加えて彼の兄であるノエル・ギャラガーについて「あっという間にすぐに這い戻ってくるだろう」と述べた。また、アルバムは大半が完成しており、メンバーそれぞれが4曲を書いたという[7]。
2010年11月10日、彼らの公式サイトにてデビューアルバムからの新曲「ブリング・ザ・ライト」(Bring The Light)のフリー・ダウンロードが開始された。また、彼らのYouTube公式ページでも公開された[8]。
「ブリング・ザ・ライト」が、フリー・ダウンロードから1日だけで35万回以上ものダウンロード・再生数に達した[9]。
続く2011年2月にはスティーヴ・リリーホワイトによるプロデュースのデビューアルバム『ディファレント・ギア、スティル・スピーディング』(Different Gear, Still Speeding)が日本先行でリリースされた[2][9][10]。オリコン週間アルバムチャートにて5位、全英チャートでは3位を記録した。


出典:Wikipedia



メンバー

公式メンバー
リアム・ギャラガー(Liam Gallagher ) - ボーカル
ゲム・アーチャー(Gem Archer ) - ギター
アンディ・ベル(Andy Bell ) - ギター
クリス・シャーロック(Chris Sharrock ) - ドラムス

ライブメンバー
ジェフ・ウートン(Jeff Wootton ) - ベース
マット・ジョーンズ(Matt Jones ) - キーボード

JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL



 




qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014(出演アーティスト)

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう!は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!PC/mobile/iphoneで見よう!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集