バディ・ガイ(Buddy Guy)

 

バディ・ガイ(Buddy Guy, 1936年7月30日 - )はアメリカ合衆国ルイジアナ州レッツワース出身のブルースギタリスト、シンガー。本名は、ジョージ・ガイ。1958年のデビューからシカゴのシーンで活躍し、いまやシカゴ・ブルースの第一人者的存在となった。テンションの高いギター・プレイはロック・ファンにも幅広く受け入れられており、最も成功したブルース・アーティストのひとりである。女性ラッパーとして活動しているショウナ(本名:ラショウナ・ガイ)は娘。


来歴

1950年代にルイジアナ州バトンルージュで、地元のミュージシャン、ビッグ・パパ・ティリーのバンドで活動していたバディは、シカゴのチェス・レコードと契約すべく、ラジオ局WXOKのDJだったレイ・メドウズの協力を得て、1957年に2曲のデモ・レコーディングをする。
翌1958年、シカゴへ移住。しかしながらチェスには送ったはずのデモ・テープは届いていなかったことを知った。同年、オーティス・ラッシュの紹介でコブラ・レコードと契約。傘下のアーティスティック・レコードからシングル"Sit And Cry (The Blues)" b/w "Try To Quit You Baby"でデビューを果たす。このセッションではバディは歌のみで、ギターはオーティス・ラッシュが弾いた。
1959年にコブラ・レコードが倒産すると、彼は晴れてチェスと契約する。チェスの初セッションは1960年。同レーベルには1967年まで在籍し、"First Time I Met The Blues"を始め、彼の個性が開花した名作を多く残した。1960年の2度目のセッションには、後のパートナーとなるジュニア・ウェルズも参加している。逆に1965年には、バディはジュニアのアルバムHoodoo Man Bluesのセッションに参加した。チェス時代は、自らの作品だけでなく、マディ・ウォーターズ、ハウリン・ウルフらチェスの大物たちとのセッションもこなした。
チェスとの契約が終了するとバディは1968年、ヴァンガード・レコードと契約。同年、アルバムA Man And The Bluesをリリースする。同レーベルでは計3枚のアルバムを制作した。
一方、1960年代後半からジュニア・ウェルズとデュオでの活動もするようになった。デュオ名義の作品としてはBuddy And The Juniors(1969年)、 Buddy Guy & Junior Wells Play the Blues(1972年)などがある。後者には、エリック・クラプトンも参加した。1975年3月には、「第2回ブルース・フェスティバル」出演のため、デュオで来日。バンドには、バディの弟でギタリストのフィル・ガイも加わった。
1970年代、バディはこの他、JSP、ブラック・アンド・ブルーなどからアルバムを発表した。しかしながら1980年代に入ると、活動の場は減ってしまう。1987年にジャパン・ブルース・カーニバル出演のため、再びジュニアとともに来日を果たしているが、本格的な活動を再開するのは、1990年代に入ってからのことだった。
1991年、シルバートーンからDamn Right, I've Got The Bluesをリリースする。このアルバムは、前年に亡くなったスティーヴィー・レイ・ヴォーンに捧げられた曲も収録され、ジェフ・ベック、エリック・クラプトン、マーク・ノップラー等が参加したことも手伝って、ロックファンからも注目を集めた。以後、バディの人気は急上昇し、世界各地のフェスティバルなどでも引っ張りだこになる。日本にもブルース・カーニバルを始め、たびたびツアーで訪れるようになった。2006年7月には、ウドー・ミュージック・フェスティバルへの出演もしている[1]。
2006年、ローリング・ストーンズが行ったビーコン・シアターでの慈善コンサートのライヴにゲスト出演し、マディ・ウォーターズの「シャンペン・アンド・リーファー」を演奏した。この模様はローリング・ストーンズのライヴ・アルバム「シャイン・ア・ライト」に収録されており、また、マーティン・スコセッシ監督による映画「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」にも収録されている。
2008年、デレク・トラックス、スーザン・テデスキ、エリック・クラプトン、ロバート・ランドルフらをゲストに迎えたアルバムSkin Deepを発表した。
バディは、シカゴ市内でブルースクラブ「バディ・ガイズ・レジェンズ」を経営しており、シカゴの名所のひとつとなっている。

出典:Wikipedia



JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL



qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014(出演アーティスト)

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう!は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!PC/mobile/iphoneで見よう!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集