LONDON GRAMMAR




ロンドンの街の今がここに鳴る。 女性ヴォーカル、ハンナも各方面で熱い注目を集め、UKミュージックの新世代を牽引する3人組=ロンドン・グラマー、日本上陸。 2009年、ハンナ・リード(Hannah Reid)−<Vo>、ダン・ロスマン(Dan Rothman)−<G>、ドット・メジャー(Dot Major)−<Multi Instruments>の3人により、イギリスのノッティンガムで結成されたトリオ。ユニークなサウンドは哀愁を帯びたギター・サウンド、天高く舞い上がるようなヴォーカル、物悲しい歌詞の融合と表現され、楽曲のもつ中毒性はPitchforkで“神経を逆なでさせるほどに病みつきになる”楽曲と評される。 2009年、ノッティンガム大学の学生寮でハンナとダンが大学1年生の時に出会い、Facebookのギターを持ったハンナの写真を見たダンが一緒に活動しないかとメッセージを送り、ロンドン・グラマーが始まる。後にダンの彼女が紹介したマルチ奏者、ドットが参加しトリオ編成となった。結成から数年経った2012年12月、YouTubeで「Hey Now」を公開、一気に音楽ファンの注目を集める。現在、120万回を超える再生回数を記録。 2013年2月、EP 「Metal & Dust」をデジタル・リリース(オーストラリアのiTuneチャートではトップ5にランク)。6月には「Wasting My Young Years」をリリース、全英シングル・チャートで31位を記録。ロンドンでのライヴは2日間ソールド・アウトし、Night+Dayフェスティヴァルではthe XXと共演するほか、グラストンベリー、ベステイヴァルなどUKで開催されるほとんどの夏フェスに参加した。 ディスクロージャーの全英No.1アルバム、『Settle』のクロージング・トラックに彼らの楽曲「Help Me Lose My Mind」が収録された。2013年9月には遂にファースト・アルバム、『IF YOU WAIT』 をリリース、全英アルバム・チャートで2位を記録している。



qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014(出演アーティスト)

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう!は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!PC/mobile/iphoneで見よう!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集