Royksopp(ロイクソップ)
R醇ryksopp



トルビョルン・ブラントン
(Torbjorn Brundtland)

スヴェイン・ベルゲ
(Svein Berge)


フジロックニュース
 フジロック2009(日曜日)  WHITE STAGE


ロイクソップ(R醇ryksopp)は、ノルウェーのエレクトロデュオ。1998年結成。同国トロムソ出身で、現在は主にノルウェーにおける第2の都市であるベルゲンを拠点に活動している。
アンビエントとシンセ・ポップを自在に行き来するメランコリックでカラフルなエレクトロニック・ミュージックを発信し、いまや北欧を代表するダンス・アクトとして世界的な人気を誇る。

バンド名「ロイクソップ」とは、ノルウェー語で、同地に自生する「煙キノコ」を意味する。動物に踏みつけられることで胞子を飛散させ繁殖する煙キノコに不思議なインスピレーションを受けたのだという。

北欧という極寒の出身地を反映するように、そのサウンドにも静謐な雰囲気が漂う。デビュー時には「氷点下のダンス・ミュージック」「マイナス15℃のエレクトロ」などといったキャッチコピーとともに紹介されていた。 デビュー作はキングス・オブ・コンビニエンスのアーランド・オイエをヴォーカルに迎えた「Poor Leno」。「Poor Leno」、「Eple」といったクラブヒットシングルを生み出し全世界で100万枚セールスを記録。

本人達はデペッシュ・モードからの強い影響を公言している。その他ニューオーダーやペット・ショップ・ボーイズなども含めた往年のシンセ・ポップへの憧憬をその楽曲にも投影しており、作品リリース毎にボーカル入りの歌モノ要素が強まっている。
ライヴでは、曲によって電子ドラムを直接叩いてビートを打ち込む他、サポート・ベーシストを迎えての半バンド形態を取ることもあり、音源以上にそのフロア向けでアップビートなサウンドにより、広くテクノ〜ロック・リスナーにもファンは多い。

2003年のフジロックフェスティバルで初来日。2005年のフジ・ロック・フェスティバルでも来日し、レッドマーキーを満員に埋め尽くした。2009年3月に約4年ぶりとなるオリジナル・アルバムを発売。 2009年のフジロックフェスティバルでは最終日ホワイトステージのヘッドライナーを務めた。

提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

JUGEMテーマ:音楽



qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014(出演アーティスト)

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう!は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!PC/mobile/iphoneで見よう!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集