高橋 幸宏(たかはし ゆきひろ)
高橋 幸宏



高橋 幸宏(たかはし ゆきひろ、1952年6月6日 - )は日本のミュージシャン。

シンガーソングライターであると同時に、ドラマー、作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサーとして活動している。またファッションデザイナー、文筆家としての顔も持つ。立教中学校(現・立教池袋中学校)・立教高等学校(現・立教新座高等学校)卒業。武蔵野美術大学中退。ソロデビューした1978年から1980年までは、「高橋ユキヒロ」とカタカナ表記の名前を名乗っていた。 
 フジロック2009(日曜日)  WHITE STAGE


高校在学中からスタジオミュージシャンとして活動。自身のキャリアとしては、「サディスティック・ミカ・バンド」や「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」のメンバーとして活躍したことで広く知られている。その他、鈴木慶一とともに結成した「ビートニクス」、細野晴臣との「スケッチ・ショウ」としての活動をはじめ、様々なミュージシャンとのコラボレーションや、プロデュースも手掛けている。山本耀司のパリ・コレ出展の際の音楽を担当したり、椎名誠の映画の音楽監督を務めたこともある。近年は自身の体調などの関係から、披露される機会が少なくなったが、本職はドラマーである。その独特のタイトな演奏は、特にYMO世代のミュージシャン達から高くリスペクトされている。

音楽活動の他に、これまでに「Bricks」、「Bricks Mono」、「YUKIHIRO TAKAHASHI COLLECTION」といった自身のファッションブランドのデザイナーも務めている。1983年には『オールナイトニッポン』のパーソナリティを務めた。その他、映画やCMへの出演、エッセイの発表など、その活動は多岐に渡っている。俳優の竹中直人と交流が深く、『竹中直人の恋のバカンス』、『デカメロン』などに出演した際にはシュールなコントに挑戦している。

趣味はもっぱら釣り。神経症の治療のために始めたものだが、以来すっかり夢中になってしまい、ラジオ番組で中継を行ったことすらある。釣り同好会「東京鶴亀フィッシングクラブ」(旧・東京鶴亀磯釣り会)の会長である。

兄は元ザ・フィンガーズで音楽プロデューサーの高橋信之、姉は日本のファッション界における広報の第一人者である伊藤美恵。ファッションブランド「soe」のデザイナー伊藤壮一郎は伊藤美恵の息子、高橋の甥にあたる。近代文学研究者の高橋世織は従兄弟。

2009年11月24日より、Twitterを利用している。

1952年東京に生まれる。小学校5年生頃にはすでにドラムを叩いていたという。立教中学時代に、同級生の東郷昌和と「ブッダズ・ナルシィーシィー」というバンドを結成し、主にパーティー等で活動していた(後に東郷は、高橋の兄・信之のプロデュースでフォークグループ「バズ」としてデビューする)。高校在学中からスタジオミュージシャンとして活動を開始。1969年に、フォークグループ「ガロ」のバックバンドに加わる。しかし、『学生街の喫茶店』のヒット以後の歌謡曲路線に合わず、小原礼とともにガロを脱退。

武蔵野美術大学在学中の1972年、加藤和彦の誘いを受け、「サディスティック・ミカ・バンド(Sadistic Mika Band)」に、脱退した角田ひろ(現つのだ☆ひろ)の後任として加入。ミカ・バンドは海外、とりわけイギリスにおいて評価され、アルバム『黒船』は日本のロック史に残る名盤として現在まで語られている。1974年には、ロキシー・ミュージックの全英ツアーにおいてオープニングアクトを務めた。帰国後、解散。

ミカ・バンド解散後、「サディスティックス」を経て、1978年からはソロ活動を開始。そして同年、細野晴臣、坂本龍一とともに、「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」を結成。1979年から1980年にかけて、2度にわたるワールドツアーを敢行した。YMOは世界的な大成功を収め、日本のみならず世界の音楽シーンに多大な影響を与えた。高橋の作曲としては「ライディーン」があまりにも有名(坂本龍一が論理的な作曲法を用いるのに対して、高橋幸宏はこの曲を鼻歌から作った、と言う事はつとに知られている話である)。結成当初、YMOのメンバーはボーカルを取らない(ゲストミュージシャンに任せる)という意向を細野は持っていたが、坂本の推挽で高橋が「中国女」のボーカルを手がけたことにより、ボーカリストとしての才能も発揮。またファッションデザインの才も発揮して衣装のデザインも手掛けていた(高橋は当時、自身のブランド「Bricks Mono」のデザイナーだった。YMO結成前、当時の坂本龍一のぞんざいな服装を見た高橋が「君はちゃんとした服装をすれば格好よく見えるのに」と服を大量に用意してコーディネートした、という逸話がある)。ソロやYMOの活動の一方で、1981年には鈴木慶一とともに「ビートニクス(The Beatnics)」を結成し、活動を開始する。1983年には「オールナイトニッポン」のパーソナリティを担当した。同年、YMOは「散開」(解散)。

YMO散開以降、ソロ活動を本格化させ、また「ビートニクス」としてもマイペースに活動。1989年には「サディスティック・ミカ・バンド(Sadistic Mica Band)」が桐島かれんを迎えて一時再結成。1992年3月には、山本耀司、高橋信之、田中信一と共に、「アゲントコンシピオ」を設立。翌1993年には、録音スタジオ「CONSIPIO STUDIO」とレコードレーベル「CONSIPIO RECORDS」を発足。97年には自らも「CONSIPIO RECORDS」に移籍したが、現在は休眠状態である。1993年にはYMO「再生」(再結成)。アルバムを発表し、東京ドームにてコンサートを行う。

2002年からは、細野晴臣と共にYMO以来のユニット「スケッチ・ショウ」を結成、活動を開始する。2004年にはスケッチ・ショウ+坂本龍一のユニット「ヒューマン・オーディオ・スポンジ(HAS)」として、エレクトロニカイベント「sonar」に出演。

2005年には再び東芝EMI(現EMIミュージック・ジャパン)と契約、翌2006年3月に7年ぶりのソロアルバム「BLUE MOON BLUE」をリリース。スケッチ・ショウで実践したエレクトロニカの手法を通過させた新機軸のポップ路線を展開した。アルバム発表後は高野寛、高田漣、権藤知彦を主要メンバーに迎え、ライブハウスからロックフェスまで、各地でライブを精力的にこなした。10月には恵比寿ガーデンホールで開催された「SONAR」への出演を交えながら、新宿ICC、仙台メディアテーク、東京都現代美術館の3箇所で「ミュージアムツアー」と称したライブを行い、インプロヴィゼーション中心のクオリティの高い演奏を披露、新たなる次への展開をうかがわせた。

また2006年、キリンラガービールのテレビCMとの連動企画で、「サディスティック・ミカ・バンド(Sadistic Mikaela Band)」が木村カエラをボーカルに迎えて二度目の再結成。10月にはアルバムをリリースした。同じく2007年には同CMの企画でYMOがこれも二度目の再結成。CMでは「ライディーン」のセルフカバー版「RYDEEN 79/07」を披露し、同時にネット配信を開始。5月にはチャリティ団体「Smile Together Project」主催のライブに(HASとして)出演、また7月には「ライブ・アース」に出演した。

2008年、新バンドpupaを、原田知世、高野寛、高田漣、権藤知彦、堀江博久と共に結成。同年7月2日にアルバム「floating pupa」リリースした。

2009年3月11日にはオリジナル・アルバムとしては22作目となるニュー・アルバム「Page By Page」がリリースされ、同年6月6日には3年ぶりのソロ・ライヴ「Yukihiro Takahashi Live 2009 “OUT OF HERE”」が行われる予定。

提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


JUGEMテーマ:音楽


qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014(出演アーティスト)

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう!は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!PC/mobile/iphoneで見よう!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集