フリクション(Friction)
FRICTION

 フジロック2009(日曜日)  RED MARQUEE


フリクション(Friction)は、東京ロッカーズというムーブメントが起こった頃から現在に至るまでレック(ベース)を中心に活動し続けるバンド。

1971半に、マルチ・アート集団「まるさんかくしかく」はレック、チコヒゲ、渡辺作郎(ex-村八分)によって始められる。即興演奏のアバンギャルド音楽。1973年に歌手名がそのままタイトルになったアルバムを限定盤として発売される。その後、RECは NYへ渡米。ノーウェイブムーブメントを肌で実感し、帰国。RECの後を追ってNYへ渡っていたチコ・ヒゲも日本へ帰国し、1978年4月に「フリクション」結成、1980年に坂本龍一のプロデュースによる『軋轢』でメジャーデビュー。当時のメンバーは、レック(ベース)、恒松正敏(ギター)、チコヒゲ(ドラム)。このメンバーでは、1979年12月16日、京都の磔磔におけるライブ、1980年5月25日神奈川大学でのライブがCD化されている。

恒松正敏は、その後脱退しE.D.P.S(エディプス)を結成。ギターの後任にはモギエミコ、そしてシュルツハルナが参加して4人編成となる。このメンバーで『SKIN DEEP』発表。このメンバーでは、ローマでのライブがアナログ盤に未発表曲を加えてCD化されている。

その後、チコヒゲ、モギエミコ、シュルツハルナは脱退。レックは、フリクション名義でサトウミノル(ドラム)、セリガノ(シンセサイザー)、ヒゴヒロシ、ジョン・ゾーンらと『Replicant Walk』を発表。その後、レック、ラピス、サトウミノル、ヒゴヒロシの4人編成での1989年9月10日クラブクアトロにおけるライブをCD化している。

メンバー・チェンジは、その後も繰り返され、レック(ベース、ヴォーカル、ギター)、サトウミノル(ドラム)、イマイアキノブ(ギター)の三人を中心に発表した『Zone Tripper』が2006年4月現在最新作である。

そして2006年4月、名古屋にてレック(ベース、ヴォーカル)、中村達也(ドラム)の二人編成によるFRICTION名義でのライブが行われた。これを皮切りに、同年8月のライジング・サン・ロックフェスティバルにも出演するなどライブを重ねている。リズム隊のみによる新編成のFRICTIONがスタートしたと見てよいだろう。 2007年7月29日にはフジ・ロック・フェスティバルの最終日に出演した。

提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

JUGEMテーマ:音楽
 


qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014(出演アーティスト)

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう!は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!PC/mobile/iphoneで見よう!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集