ザ・クロマニヨンズ(THE CRO-MAGNONS)
ザ・クロマニヨンズ

ザ・クロマニヨンズ(THE CRO-MAGNONS)は、甲本ヒロトと真島昌利が2006年7月に結成したロックバンド。

ドラムの桐田勝治はサポートメンバー扱いとなっているが、(小林勝は2008年5月4日に正式加入)PVやテレビのトークにも4人揃って普通に出演しているため、事実上正式メンバー状態である(通常、サポートメンバーはPVに出演する事はあっても、トークに参加する事はない)。

当初はバンド名以外ベールに包まれていたが、同月に行われたFM802 MEET THE WORLD BEAT 2006でその姿を明らかにした。

2005年11月に活動休止を発表したTHE HIGH-LOWSの真島が甲本にバンド結成を持ちかけ、2人と仕事・プライベートでTHE BLUE HEARTS時代から親交のあるレコーディングエンジニアの川口聡の紹介により、小林・桐田が加わってザ・クロマニヨンズが結成される。2006年春にはアルバム・レコーディングを済ませ、全国各地の夏の音楽イベントにバンド名以外は公表せずに出演を発表するも、ネット上で瞬く間に「ヒロトとマーシーの新バンドでは?」と噂が流れ、デビューライヴとなった大阪でのMEET THE WORLD BEAT 2006の出演前には、ザ・クロマニヨンズの登場アナウンスが流れるや一部の観客から「ヒロトー!」「マーシー!」の掛け声が飛び、「全然シークレットじゃないじゃん」とメンバーは苦笑い。

2006年4月5日、アルバムのレコーディングが終了した甲本と真島は、ローリング・ストーンズのナゴヤドーム公演を見に行った後、名古屋のホテルでこのバンドの名前を決めようと話し合っていた。その際、甲本が「クロマニヨンズ」というバンド名を提案すると、真島が「おぉう!」と唸ってポケットから紙を取り出し、そこには偶然にも『クロマニヨン』と書かれていたそうで、この偶然によりバンド名が決定したと、本人たちは語っている。

現時点で発売されている全シングル・アルバムに初回生産限定盤が存在し、それらはほぼ全て紙ジャケットで特典DVD付きとなっている(6thシングル『グリセリン・クイーン』は例外で、紙ジャケットであるがDVDは付属せず、代わりに初回特典CDとの2枚組)。

小林が甲本らとの初顔合わせの時、ベースギターを持って行くのを忘れたため、真島が所有のベースを借り、スタジオ・セッションに参加した。
ファースト・アルバムのレコーディングは、3日で終了した(1日3〜4時間の作業)。
初ライブのセットリストは、『クロマニヨン・ストンプ』と『キラービー』『タリホー』『歩くチブ』『弾丸ロック』。演奏後、甲本は「新人賞くれよ〜」と叫び、尻を出しながらステージを去った。
甲本は『めざましテレビ』(フジテレビ系)でこのバンドについて、「ビートルズやストーンズの最初を知らないんだ。その時はまだ、こんなに小さくて。もしかしたら、これからザ・クロマニヨンズを好きになる人がいるかも知れないでしょ。今が最初から見るチャンスなんだ。そんなの良いと思いませんか?」とコメントした。
2006年10月1日の『CDTV』(TBS系)に出演した際、スタジオライブで『タリホー』を披露した。ちなみに収録ということで遊び心で、完全に口パクと当て振りであることをあからさまにしていた。
2006年10月20日、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)のオープニングで、タモリが「新人バンドなんだよね?」と質問すると、甲本は「そうです。ちんちんバンドです」と答えた。また、演奏前のトークでは、甲本が自らのソロ活動について語り、「一瞬で挫けました。やっぱりバンドはいいなぁって思います」や、共演した元THE YELLOW MONKEYの吉井和哉のことについて、「さっき聞いたら吉井くんは『まだ(ソロで)頑張れる』って言ってました」と発言して、スタジオの笑いを誘った。
甲本は、ソロシングル『真夏のストレート』を聴いた矢沢永吉に「いい曲だねえ。でも君はバンドの方がもっといいよ」と言われたため、ソロ活動をやめようと思ったと語っている。なお、クロマニヨンズ登場のPVの中で、甲本が真島に「もうソロはなしね」と自虐的に(?)念を押している。
宣伝をする時にはよく、「我々はザ・クロマニヨンズだぁ」と、メンバーで声を合わせて紹介することが多い。
2007年9月14日より、吉野家のCMソングとして『うめえなあもう』が起用された。この曲は、アルバム「CAVE PARTY」に収録のものであり、牛丼への食欲をそそる内容の歌詞となっている。CMには、松井秀喜が出演。
表紙を務める雑誌は、『GiGS』や『音楽と人』など音楽専門誌を中心としているが、サークルKサンクスのフリーマガジン『KARUWAZA STYLE』のような例もある。
シングル曲『グリセリン・クイーン』は当初ノンタイアップであったが、後からバラエティ番組『爆笑!ふれあいコメディ こちらかきくけ公園前』のエンディングテーマとして起用。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



忌野清志郎
スペシャル・メッセージ・オーケストラ NICE MIDDLE with New Blue Day Horns「気持ちE」より↓




甲本ヒロト
(こうもと ひろと、ボーカル・ハーモニカ・ギター)
愛称は「ヒロト」。元THE BLUE HEARTS、↑THE HIGH-LOWS↓。有限会社HAPPYSONG RECORDS所属(副社長)。

真島昌利
(ましま まさのり、ギター・コーラス)
愛称は「マーシー」。元THE BLUE HEARTS、↑THE HIGH‐LOWS↓。有限会社HAPPYSONG RECORDS所属(社長)。

小林勝
(こばやし まさる、ベース・コーラス)
愛称は「コビー」。SOY SAUCE SONIX〜SADS〜towerを経て現在はnilにも在籍。afro skull records所属。(2008年5月4日正式加入、以降nilと兼任している)

桐田勝治
(きりた かつじ、ドラム・コーラス)
愛称は「カツジ」。Gargoyleに在籍。アフターゼロ所属。

JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL



qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014(出演アーティスト)

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう!は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!PC/mobile/iphoneで見よう!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集