ROVO(ロヴォ)
ROVO

 フジロック2009(日曜日)  FIELD OF HEAVEN


ROVO(ロヴォ)は、日本のロックバンドである。
1995年、勝井祐二、山本精一らが中心になって「宇宙っぽいことをやろう」ということで結成された。芳垣安洋、岡部洋一らの出す圧倒的な高速ダブルドラミングから「人力トランス」とも言われ、Strobo、Soft、NATSUMENなどの後続のグループを生み出すことになった。
1995年の結成当初は「太陽の塔」という名前で、トランスというよりはスペースロックバンドとして認知される。
恵比寿みるく、渋谷オンエアーでコンスタントにライブを重ね、評判を高めていく。特に新宿リキッドルームでは「Man Drive Trans」というパーティーをROVO名義でオーガナイズするようになり、競演するバンドの豪華さもあって、話題を呼ぶ。
2000年よりフジロックフェスティバルに出演、この頃から、一般にも認知度が高まり、メタモルフォーゼなどの野外フェスティバルに多く出演するようになる。
2003年からは毎年ゴールデンウィークに日比谷野外音楽堂にて「Man Drive Trance Special」を開催。チケットが売切れるなどの人気イベントとなる。
音楽的にはジャーマン・ロックの影響を受け、トランシーな、10分超の長時間に渡る長い演奏が主体。ツインドラムの繰り出す爆発的なリズムと勝井のエレクトリック・バイオリンの掛け合いは常に聴く人を驚かせる。キーボードなども多用し、アルバムによりプログラミング主体の音楽だったり生々しい演奏が強かったりするが、複雑な楽曲のどれもを全て人力で演奏している。
これが可能なのは、メンバーのそれぞれが各方面で活躍するタフな名演奏家であることが条件となる。CDの音源ですら圧倒されるのに、それを真っ当に再現するライブの迫力は、他の追随を許さない。
遅れて活動の始まったDATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDENは、芳垣安洋がメンバーを兼任していることもあってか、同じく圧倒的な演奏が良く比較され、双方を好んで聴く人も多い。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL
 


qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014(出演アーティスト)

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう!は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!PC/mobile/iphoneで見よう!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集