トッド・ラングレン(Todd Rundgren)
トッド・ラングレン(Todd Rundgren)
トッド・ラングレン(Todd Rundgren、1948年6月22日 - )は、アメリカ ペンシルベニア州 アッパー・ダービー に生まれたミュージシャン。一般的にはロックンロール、ソウルなどのジャンルに属するアーティストとされるが、ジャンルにとらわれない幅広い音楽活動を行い、非常に多くの作品を発表している(ただ、主に70年代の楽曲においてはビートルズからの大きな影響が指摘される)。

美しく切ないメロディを作り出すメロディメーカーとしてだけでなく、XTCやバッドフィンガー、グランド・ファンク・レイルロード、ジェシ・ウィンチェスターやザ・バンド、さらにはホール&オーツなど数々の有名バンド・アーティストのプロデュースを行ったプロデューサーとしても、さらには1970年代という早い段階から、自分ですべての楽器を演奏しヴォーカルをとる自宅録音を行うなど、マルチプレイヤーとしても知られている。 1980年代後半から1990年代前半にかけては高野寛、レピッシュなど、日本のアーティストのプロデュースも手がけたこともある。現在はハワイに在住し、今なお精力的に音楽活動を続けている。

古くからマッキントッシュの熱狂的ファンであり、アップルコンピュータのコマーシャル映像やイベントなどに登場したこともある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』





JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL

THE PAINS OF BEING PURE AT HEART(ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート)
評価:
¥ 2,001
(2011-03-29)

THE PAINS OF BEING PURE AT HEART
2007年、ニューヨークで結成。EPやシングルをリリース後、2009年、デビュー・アルバム『ザ・ペインズ・オブ ・ビーイング・ピュア・アット・ハート』をリリースし、大きな評価を獲得。同アルバムは『Pitchfork』『NME』など各媒体で同年の年間ベスト・アルバムの一枚に選ばれた。2010年夏、プロデュースにフラッド(U2、スマッシング・パンプキンズ他)、ミックスにアラン・モウルダー(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、スマッシング・パンプキンズ他)という最高のプロダクション/ミキシング・チームを迎え、新作のレコーディングを開始。「僕らはノイズとポップを信じることを止めたことはなく、このアルバムで両方をより前進させることができた」とメンバーが語るとおり、期待を裏切らない作品を完成させた。待望のセカンド・アルバム『ビロング』は2011年3月にリリースされる。




JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL


THE NAKED AND FAMOUS(ネイキッドアンドフェイマス)
THE NAKED AND FAMOUS
ニュージーランドの5人組The Naked and Famous。話題になった、Passion Pitを彷彿とさせるシングル「Yonug Blood」や、それに匹敵する2曲目の「Punching In A Dream」は、2011年には大ヒットするであろう予感を漂わせるビッグ・ナンバー。そういった2000年以降の大きなトレンドのひとつである、ダンス・ロックや80'Sリヴァイヴァル的シンセ・ポップや、時として狂気的に鳴り響く轟音ギター、頭ひとつ抜けたヴォーカル・メロディー、様々なエッセンスが混ざり合い優しさと激しさが交差するサウンドは、聴く者を恍惚の世界へと導いてくれる作品。曲によって、Sonic Youth、My Bloody Valentine、Tv On The Radio、Mew、Queens Of The Stone Ageといったバンドが引き合いに浮かんだが、そこに共通するのは、「一度はまればやめられない」、ある種の中毒的なポップ・センスを持っているということ。The Naked And Famousの奏でるそれは、偶発的な衝動の重なりなのか、できることを全て詰め込もうという欲張り精神なのか、計算された無秩序なのか。とにかく、間違いなくいえることは、手にした人のパワー・スポットとなり得るだけのエネルギーに溢れているということだ。


JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL


モグワイ(Mogwai)
モグワイ(Mogwai)
モグワイ(Mogwai)はスコットランドのグラスゴー出身のポストロックバンド。

1996年、自身のレーベル、ロック・アクション・レコード (Rock Action Records) より7インチシングル『Tuner/Lower』でデビューする。数枚のシングルをリリースした後、ニューヨークのジェットセット・レコード (Jetset Records) と北米における契約を交わし、1997年にそれまでのシングル曲を集めたコンピレーションアルバム『テン・ラピッド』をリリース。間もなくバンドはケミカル・アンダーグラウンドと契約し、同年にデビューアルバム『モグワイ・ヤング・チーム』をリリース。同アルバムは評論家達の喝采を集め、以降セールスも拡大することとなる。高い演奏力を持って繰り広げられるライブ・パフォーマンスに定評があり、「真っ白いノイズ」と形容される轟音は唯一無二である。今までにフジロックフェスティバルや単独で何度か来日している。 また、同郷であるアラブ・ストラップや日本のバンドアートスクールなどへのゲスト参加も見られる。

2010年、北米地域で長年所属していたマタドール・レコードを離れてサブ・ポップと契約したことが発表された

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL


インキュバス(Incubus)
インキュバス(Incubus)
インキュバス(Incubus) は、アメリカ合衆国のオルタナティブ・ミュージックバンド。

1991年に結成。当時のメンバーはブランドン・ボイド、ホゼ・パシーヤス、マイク・アインジガー、アレックス・カツニッチの4人だったが、1995年にDJキルモアが加入し、2003年ベーシストのアレックスが脱退、その後ザ・ルーツのギタリストであったベン・ケニーがベーシストとして加入。現在の5人となった。1995年に自主制作アルバム『Fungus Amongus』を発表し、デビューした。

結成当初〜メジャーデビュー初期まではいわゆる「ニューメタル」「ミクスチャー」に分類される音を出していたが、3rdアルバム『メイク・ユアセルフ』でメロディアスなロックへと路線をシフト、4thアルバム『モーニング・ヴュー』ではさらに穏やかな空気感を漂わせるロックバンドへと成長した。5thアルバム『ア・クロウ・レフト・オブ・ザ・マーダー』では初期とも異なるフリーキーで激しいサウンドを中心にまた一歩成長したバンドの姿を見せ付けた。6thアルバム『ライト・グレネイズ』ではフォークやサイケを取り入れ、全米ビルボードチャートで首位を獲得した翌週に37位まで下落したことで、マリリン・マンソンが『ザ・ゴールデン・エイジ・オブ・グロテスク』で2003年に達成した1位から21位への下落記録を塗り替えた。このアルバムはバンドにとって初のビルボードで首位を獲得したアルバムとなった。アメリカのロックの中堅として活躍中。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


メンバー

ブランドン・ボイド
 (Brandon Boyd)(1976年2月15日 -) ボーカル

マイク・アインジガー
 (Mike Einziger)(1976年6月21日 -) ギター

ホゼ・パシーヤス
 (Jose Pasillas) ドラム

DJキルモア
 (DJ Kilmore)(1973年1月21日 -) ターンテーブル

ベン・ケニー
 (Ben Kenney)(1977年3月12日 -) ベース

JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL


G・ラヴ&スペシャル・ソース(G. Love & Special Sauce)
GLOVE

G・ラヴ&スペシャル・ソース(G. Love & Special Sauce)は、アメリカはフィラデルフィア出身のオルタナティヴヒップホップバンド。

ジャズやブルースといったルーツ・ミュージックをベースにしつつ、ヒップホップを取り込んだ複合的な音楽性が特徴。陽気でゆったりとしたグル−ヴにG・ラヴのラップが合わさったオーガニックな曲調は評価が高く、旧知の仲であるジャック・ジョンソンらと共にサーフ・ミュージック・シーンの代表格としても人気が高い。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




メンバー

G・ラヴ−本名:ギャレット・ダットン・三世
(Garrett Dutton III as G. Love) - ボーカル、ギター、ハーモニカ

ジミー・プレスコット
(Jimmie Prescott as Jimi Jazz) - ベース

ジェフリー・クレメンズ
(Jeffrey Clemens as Houseman ) - ドラムス

JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL




FUNERAL PARTY(フューネラル・パーティー)
 FUNERAL PARTY(フューネラル・パーティー)
2005年に結成された米国ロサンゼルス出身のロック・バンド。メンバーはチャド・エリオット(vo)、ジェイムズ・トーレス(g)、キモ・コーホラ(b)の3人編成。結成当初からロサンゼルスを拠点に積極的にライヴを展開。ギターとキーボードをフィーチャーした、パンキッシュかつダンサブルなロックを聴かせ、USインディーズ・シーンで注目を集める。08年に初の公式音源としてシングル「BOOTLEG EP」を配信リリース。ニューウェイヴやディスコ、エレクトロなどをミックスした個性的なサウンドと、クセのあるメロディ・センスが特徴。RCAとレーベル契約を結び、'09年にはデビュー前にも関わらずフジロックに出演。その後、ジュリアン・カサブランカス(ザ・ストロークス)と全米ツアーをまわり、いよいよ2011年春デビュー・アルバムを発売する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL


デジタリズム(Digitalism)
評価:
¥ 1,134
(2007-06-19)

デジタリズム(Digitalism)
デジタリズム(Digitalism)は、ドイツ、ハンブルク出身のテクノ/エレクトロニック・ミュージック・デュオ。2004年結成。

ニューレイヴを始めとする2000年代後半のダンス・ロック・ムーヴメント、その火付け役の一つフランスのレーベル「キツネ」よりリリースしたシングル「dealistic」のヒットにより頭角を現す。その後も同レーベルから発表した「Zdarlight」、「Jupiter Room」、「Pogo」といった一連のシングルは軒並みクラブ・ヒットし2007年の1stアルバム『Idealism』(邦題:デジタル主義)も各国で好セールスを記録。とりわけ大ヒット・シングルの「Pogo」は、ジャスティスやソウルワックスをはじめ世界中のトップDJにスピンされ2007年最大級のクラブ・アンセムとなった。

インディー・ロック寄りのアプローチのもと、ロックサウンドを多分に咀嚼したダンス・ミュージックを発信し、テクノ・ファンのみならずニューレイヴとも共振する音楽性で広くロック・リスナーからの人気も高い。

2006年には早くもフジロック・フェスティバルで初来日し、翌サマーソニック'07に出演した際は、昼間の出順ながらダンス・ステージを満員札止の入場規制に追い込む大動員を記録した。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL


ディアフーフ (Deerhoof)
ディアフーフ (Deerhoof)
ディアフーフ (Deerhoof) はアメリカ出身のノイズロックバンド。

1994年にグレッグ・ソーニアとロブ・フィスクによってサンフランシスコで結成される。翌年の1995年にYOYO-A-GOGOでのライブをキル・ロック・スターズの設立者であるスリム・ムーンが見て、シングル『Return of the Wood M'lady』のリリースを決定する。

1995年に東京出身のサトミ・マツザキがボーカルとして加入する。加入当時に彼女は全く楽器の演奏経験が無かったが、一週間後にツアーを決行した。

1997年にロブ・フィスクが脱退する。その後サトミとグレッグは最初のアルバム『The Man, the King, the Girl』をキル・ロック・スターズと5 Rue Christineの二つレーベルから共同リリースする。

1998年頃からサトミはベースを演奏し始める。ロブがギタリストとして再び加入し、同時にケリー・グッドが加入する。

1999年にアルバム『Holdypaws』のレコーディングの後にロブとケリーが脱退した。その後ジョン・ディートリックがギタリストとして加入する。

2006年にクリス・コーエンが平行して所属していたバンドであるThe Curtainsでの活動に専念するために脱退した。

2008年にこれまでGorge Trioでジョンと共に活動してきたエド・ロドリゲスがギタリストとして加入。再び4人編成となる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




メンバー


サトミ・マツザキ
 (ベース・ボーカル)

グレッグ・ソーニア
 (ドラム)

ジョン・ディートリック
 (ギター)

エド・ロドリゲス
 (ギター)

JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL


カンセイ・ジ・セール・セクシー(Cansei de Ser Sexy、ブラジルポルトガル語で”セクシーで居ることに飽きた”の意)通称CSS
カンセイ・ジ・セール・セクシー(Cansei de Ser Sexy、ブラジルポルトガル語で”セクシーで居ることに飽きた”の意)通称CSS
カンセイ・ジ・セール・セクシー(Cansei de Ser Sexy、ブラジルポルトガル語で”セクシーで居ることに飽きた”の意)通称CSSは、ブラジル・サンパウロ出身のディスコ・パンク・バンド。英語とポルトガル語の両方で歌う。バンド名の由来は、米歌手のビヨンセが発言した「Got Tired of Being Sexy」をポルトガル語に訳したもの。音楽以外にもクリエイティブな活動に従事しているメンバーが多い。

来歴

結成、デビューアルバム

2003年9月に結成。バンドは初め、インターネットを通じて名前を知られるようになる。アドリアーノ・シントラは、サンパウロのアンダーグラウンド・クラブ・シーンで有名な人物であり、ラヴフォックスは、フォトログとFlickrで人気のある利用者だった。結成当時、アドリアーノ以外のメンバーは楽器が弾けなかった[1][2]。バンドのフォトログは人気になり、トラマ・バーチャル (Trama Virtual 〈MySpaceのブラジル版にあたるウェブサイト〉)に投稿していた曲は頻繁にダウンロードされた。トラマ・バーチャルは、バンドへ大いに投資するようになり、バンドを取材させるためにブラジルとイギリスの記者を招待した。ブラジルの雑誌数誌とイギリスの新聞ガーディアンに記事が掲載された[3]。いくつかの曲はメインストリームで使用され始め、「ミーティング・パリス・ヒルトン」はシンプル・ライフのラテン・アメリカでの放送に使用された[1]。2004年、自主制作でEPを2枚リリース。

2005年、トラマ・バーチャルと契約し、10月にデビューアルバム『カンセイ・ジ・セール・セクシー』をブラジルでリリース。合わせてライブ会場とインターネットで7曲入りEP「CSS SUXXX」を販売した。アルバムとEPのレコーディング中に、クラーラ・ヒベイロとマリア・エレーナ・ゼルバがバンドを脱退した[1]。アルバムの限定版バージョンには、買った人がアルバムの曲をコピーし贈り物として他の人にあげられるように、CD-Rが同梱されていた[1][2]。アルバムはブラジルで5000枚売り上げたと伝えられているが、アルバム、シングル共にチャートにはのらなかった。


サブ・ポップ契約、世界デビュー

2006年の初頭にはニルヴァーナなどを輩出した米国の有名レーベル、サブ・ポップと契約し、アルバム『カンセイ・ジ・セール・セクシー』で世界デビューを果たした。6月6日、シングル「レッツ・メイク・ラブ・アンド・リッスン・トゥ・デス・フロム・アバブ」をリリース。7月、DJディプロ、ボンヂ・ド・ホレと共に、初のアメリカとカナダでのツアーを行った。

2007年1月、初の日本公演を行った。また、カサビアンの日本公演でのオープニングアクトを務めた[5]。2007年2月、シングル曲「アルコール」のPVコンテストをインターネット上で開催した[6]。2007年4月、曲名にも使用したことのあるパリス・ヒルトンとの対面を果たした[7]。2007年5月、「アララ」と「オフ・ザ・フック」がForza Motorsport 2のサウンドトラックに収録された[1]。

2007年夏、バンドは様々なヨーロッパのロック・フェスティバル(グラストンベリー・フェスティバル[8]、レディング・フェスティバルなど)に出演した。2007年8月4日、ニューヨークの航空会社が過剰予約したため飛行機に乗ることができず、シカゴで催されるロック・フェスティバルのロラパルーザに出演できないという災難にあった[9][10]。サマーソニック07に出演。

シングル曲「ミュージック・イズ・マイ・ホット・ホット・セックス」がアップルiPod touchのCMに使用された。このCMは、18歳のイギリスの学生ニック・ヘイリーが制作した動画をもとに作られている。ヘイリーは「ミュージック・イズ・マイ・ホット・ホット・セックス」を使用してiPod touchのCMを自主制作し、2007年9月11日にYouTubeへ投稿した。アップルの広告代理店TBWA¥CHIAT¥DAYの関係者がヘイリーの作った作品を見て、彼と連絡を取り、協力を得て放送バージョンを作成した。[11]シングルは、ビルボード63位を記録[12][13]。ブラジルのバンドのシングル順位として過去最高位だった。同じ曲が1年前に競合商品であるZuneのプロモーションに使用されていた[14]。

2008年4月11日、イラチェマ・トレヴィサンが脱退し、アドリアーノ・シントラがベースを引き継いだ[15][16]。バンドはその後、元ザ・クーパー・テンプル・クロースのジョン・ハーパーをサポートドラムとして迎え活動している。


セカンドアルバム

2008年4月、2ndアルバムからの先行シングル「ラット・イズ・デッド(レイジ)」が公式サイトから無料ダウンロード配信された[17]。7月、2ndアルバム『ドンキー』をリリース。アルバム名の由来はマネージャーに騙され、ロバ(英:Donkey)のように働いていたことから(マネージャーからはお金を持ち逃げされ、借金まで背負わされた)。フジ・ロック・フェスティバル08に出演[20][21]。フジ・ロックでは、プライマル・スクリームとラヴフォックスの共演が行われた

2008年11月、2度目の単独での日本公演を名古屋、東京、大阪、横浜で行った。2009年8月、再びサマーソニック09に出演。


エピソード

* ライヴ中には男性下着が飛び交うこともある[24]。
* メンバーの多くは写真アップロードサイトFlickrに自身のページを所有していた。
* 日本では、フジテレビの早朝番組SOUND WEATHERによってフィーチャーされ、2006年末から2007年初めにかけて「レッツ・メイク・ラブ・アンド・リッスン・トゥ・デス・フロム・アバブ」がプレイされ、音楽ファン以外の一般人にも知られるきっかけになった。この題名の「デス・フロム・アバブ」とはカナダのバンドDeath from Above 1979である。
* キユーピーマヨネーズのCMに楽曲「オディオ・オディオ・オディオ・ソーリー C.」(Odio Odio Odio Sorry C.) を提供している[11]。
* L7の「プリテンド・ウィアー・デッド」をライブでよくカバーする。ロサンゼルスとハリウッドでの公演ではドニータと共にカバー演奏した。
* メンバー全員は、ブラジルからロンドンへ移り住んでいる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』





現メンバー


ラヴフォックス
 (Lovefoxxx) ボーカル。

アドリアーノ・シントラ
 (Adriano Cintra) ベース。

ルイザ・サア
 (Luiza Sá) ギター、シンセサイザー。

アナ・レゼンデ
 (Ana Rezende) ギター、シンセサイザー。

カロリーナ・パラ
(Carolina Parra) ギター、ドラムス。

JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL




qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014(出演アーティスト)

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう!は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!PC/mobile/iphoneで見よう!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集