ファンファーレ・チョカルリア(Fanfare Ciocărlia)






ファンファーレ・チョカルリア(ルーマニア語:Fanfare Ciocărlia)はルーマニアのロマ(ジプシー)によるブラスバンド。欧米や日本ではジプシー・ブラスと呼ばれ、古くはチョチェクと呼ばれるスタイルの音楽を演奏する。ルーマニア北西部の村ゼチェ・プラジニ (Zece Prăjini) 出身。

日本盤のアルバムではファンファーレ・チョカリーア、映画「ジプシー・キャラバン」ではファンファーラ・チォクルリーアと表記されている。また、「チョクルリア (Ciocârlia)」(aの上にサーカムフレックス)とはルーマニア語でヒバリの意味だが、バンド名は「ファンファーレ・チョカルリア (Fanfare Ciocărlia)」(aの上にブレーヴェ)である。


JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL


Dubfire





イラン出身の音楽プロデューサー、DJ


JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL


CLAUDE VONSTROKE




Claude VonStrokeの名義でアメリカを拠点に、国際的に活躍するプロデューサー/DJであるBarclay Crenshawは、長年の努力で技術・センスを磨き、経験を積み重ねてきた実力派アーティストである。
デトロイトで育ったBarclayは早くから音楽に魅了され、その道を志すが、その名が広く知れ渡るまでには長い年月がかかっている。 Electrifying Mojogaが手がけていたラジオ番組に熱中したBarclayは、16歳の時に、親友Jamie Osborneと共に当時まだ無名であったdetroit technoの始祖、Juan AtkinsのMetroplex recordingsを訪れ、エンジニア/プロデューサーとしての職を求めたが、失敗に終わってしまう。
ニューヨークでの大学生活、ハリウッドでの映画アシスタントとしての活動を経て、デトロイトに戻ったBarclayは当時イギリスから流入していたdrum n' bassに影響され、ライブ活動を精力的に展開するが、日の目を見るまでには至らない。
やがてサンフランシスコに移ったBarclayは、自身の活動の集大成として、自らプロデュース、ディレクションするDVDの製作に取り掛かることとなる。 Derrick May、Swayzak、Derrick Carter、Dubfire、Theo Parrishといったトップアーティスト達のインタビューと共に、各地のシーンの映像を収録した作品は6時間に及ぶ大作となる。Intelectと名づけられこの作品は、世界中のDJ達のキャリア形成をサポートするのが目的であったが、他の誰よりも、Barclay本人のキャリアを支えていくこととなる。
DVD製作の過程で学んだ知識を糧に、2005年に自身のレーベル"dirtybird"を立ち上げ、Claude VonStroke名義の作品"Deep Throat"、"Who's Afraid of Detroit?"を立て続けにヒットさせたことで、瞬く間にその名を国際的に知られることとなる。mix cdを手がけたイギリスの名門Fabricやベルリンを代表するPanoramabarなど、世界各地のクラブ、フェスティバルに出演を果たし、リミキサーとしてもThe RaputureからKevin Saundersonまで、メジャー、アンダーグラウンドを問わず手がけることとなる。
自身のキャリアの成功を収めたBarclayだが、07年に始動したレーベルmothershipでは故郷への恩返しとして、その収益をデトロイトの音楽学校の子供たちに寄付するなど、苦労人らしい愚直さも失っていない。
熱烈な支持を受けたファーストアルバム"Beware of the Bird"に続き、待望のリリースとなったアルバム"Bird Brain"でアーティストとして更なる高みへと突入したClaude VonStrokeからは一時たりとも目が離せない。




JUGEMテーマ:FUJI ROCK FESTIVAL



ボンベイ・バイシクル・クラブ(Bombay Bicycle Club)




ボンベイ・バイシクル・クラブ(Bombay Bicycle Club)は、イギリスのバンドである。

    ジャック・ステッドマン (Jack Steadman)
    ジェイミー・マッコール (Jamie MacColl)
    エド・ナッシュ (Ed Nash)
    スレン・デ・サラーム (Suren de Saram)


BLOODY BEETROOTS




USに本拠地をおいて全世界のダンス・シーンを牽引する最高峰ダンス・レーベル<ULTRA>。米ビルボードの「Dance Airplay Label of the Year」に7年連続輝き、YouTubeの累計試聴回数は 220億以上、1ヵ月で1億2千万回以上のビューを稼ぐこのモンスター・レーベルに所属するのはカルヴィン・ハリス、スティーヴ・アオキ、カスケード、ベニー・ベナッシ、デッドマウス、デヴィッド・ゲッタなど超一流のDJ/アーティストばかり(http://ultramusic.com/)。そのULTRAレーベルからイタリア発、EDM世代のダンス・パンクDJ、ザ・ブラッディー・ビートルーツ

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)




マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)はイギリス、ウェールズ出身のロックバンド。愛称はマニックス(Manics)。

バンド名の由来は、メンバー全員がザ・クラッシュのファンであり、多大な影響を受けていたことから、クラッシュの曲「クラッシュ・シティ・ロッカーズ」をもじったものである[1]。
1986年にジェームス・ディーン・ブラッドフィールドを中心に結成。1992年にアルバム『ジェネレーション・テロリスト』でデビュー。

その後2枚のアルバムを発表し、バンドとしての評価が高くなった1995年、かねてからうつ病や自傷行為、ドラッグ、アルコールなど様々な問題を抱えていたギタリストであり作詞を担当していたリッチー・ジェームスが失踪。その後も彼は見つからず、2008年11月24日に死亡宣告が出された。

精神的な支柱を失ったバンドは一時解散も検討されたが、3人体制となって活動を継続。立て続けに傑作アルバムを発表したことにより、90年代イギリスを代表するロックバンドとして認知されるようになる。リッチーは今でもメンバー扱いとなっており、彼の分の印税はリッチーの家族に等分されている。

ベースメント・ジャックス(Basement Jaxx)




ベースメント・ジャックス(Basement Jaxx)は、イギリス出身のダンス・ユニット。1997年のメジャーデビューから次々とヒット作を発表し、今やクラブ・ミュージック界においてケミカル・ブラザーズやファットボーイ・スリムなどと肩を並べるトップスターにまで成長した。多くのミュージシャンのリミックスやプロデュースも手がけるなどスタジオワークの才も併せ持つ。

ゲストボーカルを招き、自らはターンテーブルを操作して演奏するDJスタイルは上記の2組と同じだが、フィリックス自身がボーカルをとってライブすることもあり、その点でプロディジーの演奏スタイルにも通じている。また、近年はバンド・セットを用いての演奏をおこなっており、ますますそのスタイルを多様化している。

フランツ・フェルディナンド(Franz Ferdinand)




フランツ・フェルディナンド(Franz Ferdinand)はスコットランド、グラスゴー出身のロックバンド。バンド名の由来は、第一次世界大戦のキッカケとなったサラエヴォ事件で暗殺されたフランツ・フェルディナント大公からで、響きの良さから選んだとのこと。なお、日本の音楽業界では「フランツ・フェルディナンド」の表記で定着しているため、本稿もそれに従う(英語の発音に従えば「フランツ・ファーディナンド」)。

同郷グラスゴーのアート系大学の同期であったアレックスとボブが中心となり、“女の子が踊れるような音楽を作る”という理想のもと、2001年にバンドを結成。そのまま学内や地元のパブなどで演奏を始め、コツコツとスコットランドのインディ・シーンに活動を開始。ほどなく「ダーツ・オヴ・プレジャー」がインディ・ファンから注目を集めると、その直後に発表されたシングル「テイク・ミー・アウト」が爆発的な反響を呼び、アルバム・デビュー前に関わらず、NME誌を中心にメディアが挙って彼らを取り上げる大型新人として全英の注目を集めた。

2004年に発表したデビュー・アルバム『フランツ・フェルディナンド』は本国イギリスのみならずヨーロッパ各国、そしてアメリカでも爆発的な評判を呼ぶ作品となり、トータルセールスは400万枚を超え、グラミー賞ノミネートを始め、ブリット・アワード・マーキュリープライズ・NMEアワードという英国3大音楽賞を新人としては史上初めて同時に受賞する快挙も達成。

翌2005年リリースの2nd『ユー・クッド・ハヴ・イット・ソー・マッチ・ベター』は初登場で全英1位を獲得し、同作からカットされた「ドゥ・ユー・ウォント・トゥ」、「ザ・フォーラン」といったキラー・チューンのシングルヒットも続き、ロック/クラブ双方のリスナーからも支持される人気を確実なものとした。今では2000年代にデビューしたバンドでも、とりわけ同時代のUKロックシーンを代表するバンドのひとつとして認められる存在である。

ジャック・ジョンソン(Jack Johnson)




ジャック・ジョンソン(Jack Johnson、1975年5月18日 - )は、アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島出身の男性ミュージシャン・シンガーソングライター。

アコースティック・ギターの心地よいグルーヴ、オーガニックでリラックスした空気感のサウンドが特徴。それまでハードコア・パンクが主体であったサーフ・ミュージック・シーンに新風を起こし、今やミュージシャンやサーファー界など多方面から高い評価を受けるサーフ・シーンの第一人者として認知されている。

また、サーファー、映画監督、実業家、プロデューサーの顔を持つなど、ミュージシャン以外にも多様な才能を発揮している。

少年期をハワイの海とサーフィンの中に過ごし、高校生の頃にはプロ・サーファー契約を交わすまでになっていた。しかし、17歳の時、サーフィン中に大怪我を負う事故を経験したのを契機に、それまでは趣味のひとつであった音楽や映像といった創作分野に傾倒していく。

その後、University of California, Santa Barbaraで映像を専攻。卒業後に、親友でトップ・プロ・サーファーのケリー・スレイターらサーフィン仲間を被写体に撮ったサーフ・フィルム『シッカー・ザン・ウォーター』『セプテンバー・セッションズ』を製作。「リアル・サーフ・スタイル」と高い評価を受けたその作品の中でも、特に評判だったのが、ジャックが自作した劇中のBGMであった。ジャックと共に映像製作をしていたカメラマンのスコット・ソーエンズなる人物の紹介でジャックと知り合ったG・ラヴは、彼の音楽的才能に着目し、自身のアルバム『フィラデルフォニック』にジャック製作の楽曲「ロデオ・クラウンズ」を収録するなど、ミュージシャンとしてのジャックの存在が注目されるようになる。

この「ロデオ・クラウンズ」はベン・ハーパーのマネージャーの耳に留まり、ベンの経営するインディ・レーベルからCDデビューする運びとなった。そこから2001年に発表した1stアルバム『ブラッシュファイアー・フェアリーテイルズ』はインディーズでのリリースながら口コミで評判が広がり、翌年にはメジャーのユニバーサル・レコードより再リリースされ、全米でミリオン・セールスの大ヒットを記録する。

2003年にはビースティ・ボーイズなどを手がけたマリオ・カルダートJr.をプロデューサーに迎え、ハワイでレコーディングされたセカンド・アルバム『オン・アンド・オン』を自身が立ち上げたレーベル「ブラッシュファイアー・レコーズ」から発表。初登場で全米3位にチャートイン。同年9月には朝霧ジャム出演で初来日し、同時に行った単独公演は即完売の盛況ぶりで、すでに日本においても高い人気を獲得していた。

翌2003年以降からは、同じくサーファーでミュージシャンであるドノヴァン・フランケンレイターのデビュー作をプロデュースし、ブラッシュファイアー・レコーズにG・ラヴを迎え入れ、また環境団体「コクア・ハワイ・ファウンデーション」を設立するなど、多方面でマルチな才能を発揮するようになる。さらに、フジロック・フェスティバル04には「フィールド・オブ・ヘヴン」のトリで出演し、ベン・ハーパー、ドノヴァン・フランケンレイターをゲストで招いて共演した。

2005年に発表した3rdアルバム『イン・ビトウィーン・ドリームス』はアメリカのみならずイギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドといった英語圏全体でも大ヒットし(全英・全豪ともに1位)、世界的な評価を獲得する。

以降、およそ2年おきのペースでリリースを続けており、2006年には、絵本『ひとまねこざる (おさるのジョージ)』の映画音楽を手掛け、そのサントラである『シング・ア・ロング・アンド・ララバイズ・フォー・ザ・フィルム:キュリアス・ジョージ』を、2008年にはソーラー発電を動力にしてレコーディングした4thアルバム『スリープ・スルー・ザ・スタティック』、そして2010年の5作目『トゥ・ザ・シー』まで、すべてにおいて全米1位及び英豪チャートでも首位を獲得するなど軒並み好成績を記録している。

カニエ・ウェスト(Kanye West)



カニエ・ウェスト(Kanye West、本名:Kanye Omari West、1977年6月8日 - )は、アメリカ合衆国・ジョージア州・アトランタ出身のヒップホップMC
、音楽プロデューサー。

シカゴの美大に通いながら音楽活動を始める。2001年にプロデューサーとしてロッカフェラ・レコードと契約を結ぶ。その後プロデュース業が忙しくなり大学を中退(後にアルバムのタイトルになる→『The College Dropout』)。2002年10月23日、レコーディング後、スタジオから自宅へ帰る途中に居眠り運転で交通事故に遭う(口の中にワイヤーを入れなくてはならない程の大怪我を負う。後に、アルバム収録曲タイトルになる→「Through the wire」)。事故後クリスチャンになり、神によって助けられたとコメントしている。

2004年、ロッカフェラ・レコード(Roc-a-Fella Records)より1stアルバム『The College Dropout』をリリース。これがビルボード最高2位を記録するヒットとなる。この年、LIVE 8に出演し、2005年の米タイム誌「今日最も影響力の強い100人」の一人に選定された。

47回グラミー賞ではアーティスト、ソングライター、プロデューサーとして合計10のノミネーションを得て、3部門を受賞[1]。

2005年8月2日にアメリカ南部をハリケーン・カトリーナが襲った際、「ブッシュ大統領は、黒人のことは何も考えていない[2]」とジョージ・ブッシュアメリカ合衆国大統領を非難するコメントをNBCの生放送中に発表した。そのコメントが全米で物議を醸す[3]。また、この映像はNHKのニュースでも取り上げられた[4]。ジェイ・Zは「俺はカニエ・ウェストを100%支持する。これがアメリカだ。誰でも自分の言いたいことを発言することができる。俺たちは発言の自由をもっているんだ」と発言した[5]。

2006年、セカンド・アルバム『Late Registration』をリリース。

48回グラミー賞ではアーティスト、ソングライター、プロデューサーとして合計8部門にノミネーションし、3部門を受賞[6][7]。

2007年1月、日本人ヒップホップグループ、TERIYAKI BOYZのシングル「I still love H.E.R. feat.KANYE WEST」にプロデューサーとラップで参加。日本のテレビ番組『ミュージックステーション』にもゲスト出演した。

2007年9月11日に3枚目のアルバム、『Graduation』を50セントのアルバム、『Curtis』と同日にリリースしている。ジャケットは村上隆が担当。

2008年9月12日にパパラッチのカメラを壊し、器物破損で逮捕。逮捕後、約210万円の保釈金を支払って保釈された。カニエの知人で、彼から寄付を受けている慈善活動家の目撃談によると、カメラマンに攻撃され、カニエは身を守っただけだという。曰く「なぜ彼(カニエ)が逮捕されたのかわからない。あの男はカニエの顔にカメラをあまりにも近づけすぎていた。私は彼を責めないね」[8]。

アルバム『エイト・オー・エイトズ&ハートブレイク』ではオートチューンを駆使し、ラップだけではなく歌唱している。

2009年8月、『Scrape TV』に出演した際にマイケル・ジャクソンについて触れ、「次のキング・オブ・ポップは俺さ」と発言し反響を呼ぶ[9]。しかし、カニエは自身のブログで、そのようなことは言っていないと反論した[10]。カニエの発言を受けて動画サイト『JumpOff-TV』が、マイケルとカニエを左右に並べてCDセールス、受賞歴、表紙を飾った雑誌の数、ファッションなどを比較する動画を作成した[9]。

2009年9月13日に行われたMTV Video Music Awards 2009では、最優秀女性アーティスト・ヴィデオ賞を受賞したテイラー・スウィフトのスピーチ中に泥酔して乱入、彼女のスピーチを妨害しマイクを奪い、「君の受賞は本当に良かったけど、ビヨンセが史上最高のビデオを作ったアーティストの1人だ」と発言、場内からブーイングを浴びた[11]。その後最高賞である最優秀ビデオ賞を受賞したビヨンセがスウィフトを壇上に招き入れ、スピーチの続きを促す気遣いを見せている[12]。この行為は波紋を呼び、カニエは自身のブログや翌14日に出演したNBC「ジェイ・レノ・ショー」で謝罪[13]、スウィフト本人にも電話で謝罪したが、音楽ファンや著名人から非難の声が上がり、バラク・オバマ大統領もCNBC主導による記者会見中のオフレコ発言で、カニエに対し「Jackass(ばか者)」と呼ぶ騒ぎにまで発展した。なおこのオバマの発言は、ABC「ナイトライン」のキャスター、テリー・モーランがTwitter上で暴露した物で、この事を意図的に報じなかったCNBCがABCを非難、モーランは発言内容を削除し、ABCは謝罪に追われる事態となった[14][15]。

2010年11月、5枚目のアルバム『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』をリリース。本作の内容は各方面から大絶賛を受け、ローリング・ストーン誌は「カニエにしか作れない音楽」と5点満点中5点を付けたほか、辛口批評メディアとして知られるピッチフォーク・メディアは10点満点中10点を与えた。 また、スピン、ステレオガムといった数多くのメディアから、本年最高のアルバムと評された。2011年グラミー賞Best Rap Album部門を受賞した。

2013年6月には、6枚目のアルバム『Yeezus』をリリース。ほぼノンプロモーションであり、リードシングルはなく、アルバムジャケットはカバーもブックレットもなくステッカーのみという、異例の形態でのリリースとなったが、全米・全英チャート両方で初登場1位を記録した。リック・ルービンを迎え制作された本作は、サウンド面でも、これまでの作品とは大きく異なり、攻撃的で、インダストリアルな色が強いものとなった。 前作同様、批評家筋からは賞賛の嵐が巻き起こり、ピッチフォーク・メディアで10点満点中9.5点、NMEで10点満点中9点を獲得したほか、ベルベット・アンダーグラウンドのルー・リードが本作のディスクレビューの中で「この男は本当に、本当に、本当に才能がある」と大絶賛した。



qrcode

Recommend
Recommend
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE
FUJI ROCK FESTIVAL '98 IN TOKYO LIVE (JUGEMレビュー »)
オムニバス,少年ナイフ,ホフディラン,イギー・ポップ,バッド・シーズ,忌野清志郎,BLANKEY JET CITY,MCM・アンド・ザ・モンスター,ミジェット,ギター・ウルフ,東京スカパラダイスオーケストラ


New Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Archives
Category
Link

フジロックへ行こう☆ FUJIROCK2014(出演アーティスト)

フジロックFUJIROCK2014は、ROCKファンの大切なイベント!365日は夏の3日間の為にある!フジロックへ行こう!は、そんなフジロック好きのメンバーの個人的情報ブログ。宿予約、チケット購入、フジロックをもっと知ろう!さあ、今年のフジロックはどんなフェスになるだろう!楽しみだ!PC/mobile/iphoneで見よう!




フジロックの装備はOK?
アウトドア&フィッシング ナチュラム



毎年夏には、売り切れる、アウトドア用品!今年のフジロック2010はOK?
コールマン特集